カード

November 25, 2008

パス・オブ・ミスティック

11月23・24日に開催されたPNAJ主宰のワークショップ「パス・オブ・ミスティック」に参加してきました。
講師はDASO斎藤、カードは「Transformation Tarot」(80年代に作られたOsho Neo Tarotの復刻版)を使いました。
Transformation Tarot(変容のタロット)は、禅・ブッダ・キリスト・スーフィに関する寓話が描かれた60枚のカードで構成されています。
それぞれの寓話は深遠で、解説書を読むだけでも心の深いところが動かされます。
今回のクラスでは、さまざまなエクササイズや瞑想を通して、このカードを日常の中に取り入れて親しくなる練習をしました。

今まで使い方が全くわからなかったこのカード、想像以上に面白いです!
カードの寓話が心の中に響いていくと、展開されたカードが繋がって一つの流れが見えてきます。
参加者の感性や表現を皆で分かち合い、とても密度の濃い2日間となりました。
ワークショップは終わったけれど、カードと仲良くなるための宿題をたくさんもらった気分。

「Transformation Tarot」は現在のところ絶版になっているそうです。
お持ちの方は、ぜひぜひ親しくなって下さいね!
静かで豊か、心の奥深くで変容と成長をもたらすカードです。

1日目の宿題が、暗喩(メタファー)を使って寓話を作ってくるというものでした。
暗喩の素材は身の回りにたくさんあるけれど、いざ捕まえるとなるとなかなか難しい。
とても楽しい作業だったので、ほかのお題でも書いてみようと思います~。
私の作ったお話は以下です。

~~ 楽しみ ~~
彼は貧しい農民の息子として生まれた。
幼いうちに一家の稼ぎ手の父親を流行病でなくし、病弱な母親と6人の弟妹への責任がずしりと彼の肩にのしかかった。
彼は特に不満を言うわけでもなく、黙々と家族の世話をしてその生活を支えていた。
都会へ出て行った若者をうらやましく思うこともあったが、生まれついての農民で無学な彼にできることといえば、畑を耕し蚕の世話をすることだけだったのである。
やがて、彼の育てた蚕から作る織物がたいそうな評判となり、都の商人や貴族の姫君が競って買い求めるようになった。
彼の家族も彼の村も見違えるように豊かになったが、彼自身は相変わらず黙々と働き続けたし、息子や娘たちも働き者だったので、織物の評判は高まるばかりである。
織物の評判は遠い異国にまで届くようになり、傾きかけていた彼の国にたくさんの金貨がもたらされた。
そんなある日。
王様からの使者が村を訪れ、彼は王様に会うために宮殿へ出かけていった。
彼の謙虚な人柄に感じ入った王様は、湖畔の離宮を与えて「おまえは十分に働いた。これからはここで人生を楽しむが良い。」と命じた。
1年後、離宮を訪れた王様は、離宮のみごとな庭園が一面の畑になっているのを見て仰天した。
彼は言った。
「王様、楽しみとは一体何なのか私にはわかりません。ただ、畑仕事をしていると心が豊かになり、とても安らぐのです。」

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 04, 2006

今月のOsho禅タロット

10月になったので、今月の私のためのカードを1枚引いてみました。
使ったカードは、Osho禅タロットです。
カードを切っているうちに、飛び出して来たのは

水のAce GOING WITH THE FLOW(流れと共に行く)

でした。

解説は、
人生は水の流れのようなもの、その流れを信頼して身をゆだね、ただそこに浮かんでいなさい。
あなたは水に浮かんでくつろぎ、流れが運んでいきたいところに運ばれて行きなさい。
あらゆることは、そうあるべきように起こっています。
というような内容です。

うん。そうなのです。
私は、まさに自分の流れに浮かんでいるところです。
先のことはわからなくても、運命が運んでくれるところに行ってみたいと思っています。
けっこう、ダイブするまで大変でした。
が、流れに飛び込んでしまったら、あとは流れに身を任せるしかありませんね。
数秘のマステリーに参加したら、もっと流れが速くなっちゃうかも。


ちなみに、先月引いたカードは

水のキング HEALING(ヒーリング)でした。

このカードは、私が「本来の自分」へと回復する途中であることを示唆してくれました。
自分自身を治して行く過程で、自分が受けた傷や壊れた場所を直視して、きちんと手当てしなくてはなりません。
先月(9月)は、私の心の中で、自分が傷ついた出来事やその時の心の動きをもう一度体験し、私がため込んでいた毒素を捨てました。
まだ捨て切れていないものもあるのだけれど・・・目処がついたかな、という感じです。


Osho禅タロットは、とても深いメッセージを持っているのです。
ただちょっと、絵柄が怖いかも知れないね。

↓このサイトで、カードを引くこともできます。ぜひ体験して!
Osho禅タロット

| | Comments (2) | TrackBack (1)

September 01, 2006

光のメッセージカード

先日のクリスタルセミナーの時に、Messages of Light(光のメッセージカード)を紹介してもらいました。
皆で1枚ずつ引いてみたのですが、それぞれ意味深いメッセージを受け取りました。

私の引いたカードは、「I Am Acceptance ~私は受容」でした。
カードからのメッセージは
わたしは出来事をありのままに受け入れ、人々をありのままに受け入れ、そして人生をありのままに受け入れる。もうものごとをコントロールしようとはせず、神の手にゆだねる。すべては学び、成長する機会なのだから。
神はいつもそばで見守っていてくださる。どんな体験も、わたしが光へと変容していく助けとなるように。

う~ん、深いメッセージですなあ。
来るもの拒まず、という感じで受け入れて行くことがポイントらしいのですねえ。
数秘で見た私のテーマも「受容することによって得られる調和」だし。
最近、心を開く、ということを意識しています。
「こう感じるべき」「こう振る舞うべき」など、私をギリギリと縛り上げていた鎖を断ち切ろうとしているところです。
私の心が感じることに正直に対応し、ものごとをそのまま見る。
運命に運ばれていく先は、どこなのだろう。
ちょっとワクワクします。

このカード、絵も美しいので、見ているだけでいろんなイメージが湧いてきます。
スピリチュアルに偏りすぎない表現だし、いつでもメッセージを受け取ることができるので、初カードにも良いと思います。

カードの作者マリオ・デュゲイのサイトはこちらへ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)