スピリチュアル

November 03, 2009

豊かさの法則

前回ここに書いたように、「豊かさの法則」ジョン・ランドルフ・プライス著(講談社)の40日間のワークを終えました。
サブタイトルには、40日で、富とお金を引き寄せる というギラッとした文言があります。

ワーク自体は、10の短い文章を毎日一つ読んで15分瞑想し、思い浮かんだアイディアや言葉を書き記す、という簡単なものです。
40日間かけて一つの文章を4回ずつ読み、潜在意識に植え付けていく作業です。

実は、この手の自己啓発系(?)の書籍は苦手だったのです。
今回はお友だちから「一緒にやらない?」と誘われ、私としては珍しく。
何しろ続けなくては意味がないので、携帯のアラームを15分早くしてまず文章を読み、読み終わったらタイマーをセットして瞑想(半分くらい眠っていた)、すぐさま浮かんだ言葉を枕元のノートに殴り書き、という手順を決めました。

このワークのポイントは、富や豊かさ(原因から引き起こされた結果)に意識を向けるのではなく、その結果を起こすことになったそもそもの原因に意識の焦点をあてる、というものです。
「まず結果ありき」という視点ではそれを導き出すプロセスは限定されて狭く、息苦しくどんどん焦ってしまいそう。
反対に「これをしたい」という心の望みを重視するなら、そこから発展するプロセスは多様だし、結果は「思いがけないご褒美」になるみたいです。

このワークを始めて2週間くらい経った頃、何となく「お金」や「お金を稼ぐこと」についての焦燥感がなくなったことに気づきました。
お金なんかいらないということではなく、私の行動に見合うものがやって来る、と理解できたような。
ちょうど、アストロロジーの無料リーディングを始めた頃と重なっているのも不思議です。

ワークを終えた今、ものすごーく金回りが良くなった訳ではありません。
けれど、以前よりも自分の生き方を肯定できるようになり、毎日を楽に過ごせるようになったのです。
そういう意味では、私は「豊かさ」を手に入れたのだと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 30, 2009

七空さんのチャネリング(3回目)

七空さんのチャネリング・セッションを受けてきました。
一昨年初めてお会いしてから、3度目のセッションです。
七空さんの言葉は「私」という視点がなく、客観的ですんなりと心に染みこんできます。
何より、肯定的な面からものごとを捉えていて、光に満ちた存在との繋がりが実感され、とても信頼できるのです。

私はアストロロジーと出会ってから、扉を開けて未知の世界に入り込んだ気がしています。
そこは暗くて(私の目が開かれていないので)あまりに広いので、いったいどこへ行くのか見当もつかない。
最近、お友だちに勧められた「豊かさの法則」という40日間のワークを終えたのですが、囚われていた価値観から解放されたようなのです。
そして、今までちょっとずつ積み重ねたことが、何となく一つの流れになりそうな予感も。

・・・・そんな状態の中、セッションに臨んだのでした。

どうやら本当に扉を開けてしまったらしく、ガイドとして一緒にいてくれるのは、マーリン、名前はわからないけれどアストロロジャー(占星術師)、セント・ジャーメイン、宇宙評議会のどなたか、なのだそうです。
この方々には今まで興味もご縁もなかったのだけど、いきなり指導教官になっていただいたようで。

隠されたヴェールの向こう側へ行きたい、という私の思いは、ゆっくりと実現へ向かっているようでもあります。
「これをしなくてはならない」という力みが消えたのは、自分でもちょっと不思議です。
それは、世界を構成する一部である私という存在を受け入れる、ことでもあるのですね。

直感の領域を使って情報を得るチャネリングと、星の運行から情報を得るアストロロジーは、三次元で生きる私たちにとって両極のような印象を受けますが、どちらも宇宙を体現しています。
七空さんとお話ししているうちに、チャネリングとアストロロジーは背中合わせ、というか隣り合った位置づけなのかも知れないなあと感じました。

まだ先の話ですが、セッションのメニューを大幅に変更することになりそうです。
漠然としたイメージはあるけれど、具体的には「そのとき」が来たら自然に決まるはずです。

七空さんのチャネリングは、大きな岐路に差しかかっている方におすすめです。
ご自分の今を再認識し、あなたと共にいるガイドからの励まし(ときには小言もあるけれど)を受け取ることは、あなたをとても勇気づけることでしょう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 23, 2009

波動調整  - ヘブンアース -

SpaceSeed で波動調整「ヘブンアース」を受けてきました。
3月に受けた「アセンションマスター」で波動調整はひととおり終了、ヘブンアースはメンテナンスとしてのセッションです。

各チャクラと基本ステータスの測定・調整をしていただいたら、前回よりも数値(器の大きさ)がやや拡張していました。
実感できるものではないけれど、何だか努力が認められたようでうれしかったりします。
さらに、1次元~12次元までの関わりを調整し、ブループリント(魂の設計図)をきれいに整えます。
次元との関わりでは、意外なことに大天使との関わりが強くなっていました。
私は巻き毛で美形の天使は苦手なのですが、もっと仲良くするチャンスかも知れません。
以前は三次元(この世界ですね)との関わりが薄かったけれど、どうやらこの世界になじめたようでもあります。

ブループリントの調整をしてから1年半過ぎましたが、さほど図面は崩れていないようです。

これって、ペースはゆっくりだがブループリントから外れた生き方はしていない、ということなのです。
何にでも理由をつけたがる傾向があるのでスローペース、もっと淡々とこなした方が良さそうな感じ。

数値を眺めながらお話ししているうちに、これからやるべきことが浮かび上がって来ました。
いろんなセッションを受けている私が言うのも何ですが、本当は自分が答えを知っているのです。
直視して認める勇気がないから確かめたい・・・、という側面もあるのですね。

つらつらとそんな思いに浸りながら、フラフラと(エネルギー酔いしていた)サロンを後にしたのでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 28, 2009

新メニュー

セッションとレッスンに新しいメニューができました。
今のところ、常設・随時開催の予定です。
どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。


☆スピお茶会・・・120分(6,000円)
お茶とお菓子でゆっくりくつろぎながら、スピリチュアルな会話をご一緒に楽しみましょう。
会話の中から思いがけぬ気づきを得たり、何かのメッセージを受け取るかも知れません。
居心地の良い空間でリラックスして過ごす・・・それだけでもあなたに必要なエネルギーがチャージされるでしょう。
ミニリーディングとお土産付きです。

☆私と直接の面識がある方からのお申込みを受け付けています。
☆定員は4名です。
☆会場内には大型犬がいるので、動物アレルギーの方はご遠慮下さい。
☆開催は不定期です。お友だち同士2名以上のお申込みで随時開催いたします。
☆会場は杉並区内です。


☆マルセイユ・タロット・・・30分(3,000円)
イシス版マルセイユ・タロットのみのリーディングを行います。
誕生したばかりのイシス版マルセイユ・タロット、ぜひ体験なさって下さいね。

☆カードを展開する関係上、ファミレスやカフェではできません。
☆カラオケボックス、レンタルサロン、杉並区内の公共施設でセッションいたします。
☆場所代をご負担下さい。



☆チャネリング・・・45分(5
,000円)
チャネリングのみのセッションです。
他のツールは使わず、お話ししながらチャネリングで得たメッセージをお伝えします。
ご質問やご相談をしていただくのはもちろん、Emiってどんな人?とか、数秘を学びたいけれど迷っている・・・等お気軽にご利用下さい。
ゆくゆくは他の形に発展するかも知れませんが、ひとまず気楽に体験していただければと思います。

☆セッション場所は、東京都内のカフェまたはファミレス限定です。
☆他県など遠方の場合は、交通費実費をいただきます。
☆場所代(私の飲み物代も)はご負担下さい。
☆チャネリング以外のツールは使いません。
☆延長は、30分まで+1,000円です。


☆フォローアップ・・・3時間まで6,000円
ベイシック、アドバンス共にコース修了の方を対象に、復習・質疑応答・実践的なリーディング練習などの時間を設けました。
いつでも、何回でも受けていただくことができます。
PNAJで数秘を学ばれた方もご利用下さい。

☆個人セッションも併せてご希望の方は、+7,000でリーディング約60分・残りの時間をフォローアップにあてます。

| | Comments (29) | TrackBack (0)

June 24, 2009

個人セッション - 魂の成長 -

エリザベス・ニコルソンさんのセッション「魂の成長」を受けてきました。
4月に個人セッション「魂の使命」を受けて、それ以降ちょっとばかり意識が変わったような気がしています。

本日のセッションは、今の私の状態を読み解き、これから魂が成長するために必要なこと、気をつけるべきことなどを知るためのものです。

まず、第5チャクラ(喉にある)の奥に空豆くらいの黒い塊があると指摘されました。
その塊を溶かすことが、これからのテーマです。
日常のコミュニケーションに問題があるわけではなく、心の一番深い部分の思いを表現できないのです。
第5チャクラは、コミュニケーションや自己表現に関わる働きをするところ、ここが閉じているためにさまざまな影響が起こるのですね。
思い当たることがたくさんありましたが、何しろ何十年間も閉ざしていたので、簡単には開かないようです。

さてこれを解決する方法は・・・ガイドにもエリザベスにも見えない、とのこと。
私にとって今世での最後のテーマなので(卒業試験みたい)、自分で試行錯誤しなくてはならないのです。
とはいえ、役に立つ具体的なヒントをたくさんもらいました。

頭で考えずにハートで動くこと、ひとことで表現するなら バカになる ことを目指します。

感じたとおりに行動することが苦手な私、この塊が溶ければ見える世界も可能性も広がり、ずっと豊かな心で生きられるでしょう。
長い道のりかも知れないけれど、乞うご期待!なのでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 22, 2009

夏至

A19 6月21日は夏至。
1年かけて太陽が運行する黄道上の位置を24等分した、二十四節気のうちの一つ。
昨年12月の冬至から始まった1年が半分過ぎて、ちょうど折り返し点となる日なのです。

MoonDropSpaceSeed の夏至コラボイベント、Candle Night に参加しました。
参加者は4名、魂レベルでとても似通ったテーマを持つ人たちです。
各自のバースチャートから、宇宙との契約である「魂の使命」を読み解き、心のこもったアドバイスと波動調整をしていただきました。
魔術的ともいうべき不思議な時間を過ごし、目に見えないプレゼントをたくさん受け取った気分です。


さて、今後の私のテーマは、マルセイユ・タロットの「太陽」に象徴されるようです。
お会いする皆さまに対して私は心を開いていたい、という思いなのです。
もちろん、吉兆を示すカードでもありますね。

通常のリーディングの他に、期間限定でマルセイユ・タロットのみのリーディングも行っています。
お申込み・お問い合わせは、 Emi's Garden からお願いします。
お目にかかる日を楽しみにしています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 30, 2009

SPIRIT GUIDES

EN-SOF/エリザベス・ニコルソンさんのスペシャルセミナー「SPIRIT GUIDES」に参加しました。
このセミナーは、私たち一人ずつと関わるスピリット・ガイドについて学ぶものです。
参加者は13名、ワクワクしながらセミナー開始を待ちました。

まず、ガイドの種類について説明があり、コミュニケーションの取り方を誘導瞑想で体験していきます。
オーラの領域や境界線を感じ、サードアイを使う練習をし、ライトボディや実際の体で受ける感じに集中。
皆が集中することで、部屋の密度がどんどん濃くなるようです。

休憩を挟んで、ガイドの一人に会いに行き、プレゼント(エネルギー)を貰う瞑想をしました。
私が出会ったのは、白いローブと頭巾のがっしりした体格の男性。
私の手のひらを包み込むようにして、小さな黒いガラス質の蛇を渡されたのです。
これは何でどうやって使うものかを聞いてみると「喉の番人、喉に置く」という言葉が浮かびました。
喉に当てると、蛇はスッと消えてしまった。これでよいのかな。

最後に、一人一人のガイドとそのメッセージをリーディングしてもらいました。
他の皆さんは素敵で頼もしいガイドからのメッセージを受け取られたのですが、私のガイドとしては

狂信的で熱狂的なキリスト教の聖職者と尼僧

しか見えなかったそうです。
どうやら、過去にキリストを崇拝するあまり、私を含めた3人組でかなりな無茶苦茶をやったらしいのですね。
私はいち早く盲目的な信仰から卒業(?)したものの、彼らは未だに「キリスト命」を続けているみたい。
魂のレベルは私の方が高いらしいと聞き、とてもとても驚きました。
ガイドは私を守り導く役目だと思っていたのに、もしかして私が彼らの世話をするのだろうか?

とはいえ、「信じるもののためには、邪魔なものを排除する」という極端さに私が共感するのも事実です。
中立や中庸でいることを普段は意識しているけれど、彼ら(ガイド)の存在は、まだ私には学ぶ必要があるという意味なのでしょうね。
スピリットの次元で深い縁のある仲間だし、これからゆっくり話をしてみようと思っています。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 01, 2009

個人セッション  - 魂の使命 -

エリザベス・ニコルソンさんの個人セッション「魂の使命」を受けてきました。
けっこう近所なのに、今までスクールもセッションもご縁がなかったのです。
今年になってから個人セッションについて知り、さっそく申し込んだのでした。

初めて会うエリザベスは、内面から光を発しているような楽しげな方でした。
今回のセッションは、私が生まれる前に決めた、今生での使命(テーマ)やその理由をチャネリングによって伝えてもらうというものです。
60分の情報量は膨大で、もう聞いているだけで脳みそ飽和状態に。

私の魂のルーツは、とても遠くにある純白の眩しいエネルギーの星なのだそうです。
エネルギーが白すぎる(闇がない)ので、過去世の殆どで闇(ヴァンパイア的なエネルギーとか?)との戦いに明け暮れていたけれど、今生は戦わなくても良いそうです。
どうやら前世で闇のエネルギーを撃退(?)したので、そういうものは寄ってこないとか。

それから、私にとって衝撃的だったのは

自分が異質だということを認めて、皆と同じになろうとするのはやめなさい

という一言でした。
魂のルーツがあまりに異質なので、どうしたって周囲から浮き上がるそうです。
子供の頃から、理由のない「異邦人」的な感覚があって自分を理解できない、というところがあったのです。
なーんだ、ほんまもんの異邦人だったんだ、と気が楽になりました。

ところで、私の魂の使命については、もう殆ど終わっちゃったみたいで。
自分の人生の目的が達成されたら、今度は「他人のために」何かをするのですね。
最近の私、心の中がずいぶん変化しているのだけど、こういうことだったのか。
先日の瞑想会で、七空さんに「そろそろ宇宙のお仕事を始めて下さいね~」と言われたことともばっちりシンクロ。

何となく申し込んだ今回のセッション、今だから受け取れるメッセージばかり、どなたの計らいなのか、すごいなあ~と改めて思っています。
感謝。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 26, 2009

波動調整 - アセンションマスター -

SpaceSeedでセッション「アセンションマスター」を受けてきました。
手元の記録を見直してみると、約2年半かけて5つの波動調整をこなしたことになります。
今回のアセンションマスターは、波動調整の仕上げ的な位置づけのセッションです。
前回の「ハーモニーテラ」から4ヶ月。
数値はそれなりに変化していますが、基本的に目に見えない領域のことなので、数値に一喜一憂するのは無意味なのですね(でも、気になっちゃうけど)。
本当に大切なのは高い能力ではなく、能力を使いこなす人間性なのでしょう。

チャクラ調整、基本ステータス調整と進み、とても興味深いのが数秘的な調整でした。
もともと、私はのエネルギーが弱いと感じていたのですが、まさにその通り。
のエネルギーのキーワードは、創造性・喜び・表現する・・など。
これが弱い私は、「楽しむ」ことが下手なのですねえ。

ともあれ、0から9までの測定と調整は、数秘と関わっている私にはすっごーく面白かったです。
エネルギー的に良い感じなのは、意外なことに
現実と安定の、叡智と理解の、この二つを生かすことに私の目的地があるのかも知れません。
そして、新しいエネルギーの器を装備して、セッションは終了です。

年が明けてから(特に立春以降)、世の中の動きや変化がますます激しく速くなっているように感じます。
今回もたくさんのヒントをもらったので、さっそく(ぐずぐずしている時間がもったいない)行動しよう!と決意したのでした。

| | Comments (69) | TrackBack (0)

March 09, 2009

今がそのとき

2月末に数秘学グループレッスンが修了し、ほっと一息つきました。
教えることは自分の知識や理解を再確認し、生徒の感性を通して新たな角度から洞察する、とてもとても楽しい体験でした。
数秘を学ぶことは自分自身を理解すること、そして扉の向こうに広がる叡智の探求は心躍る冒険です。
そんな体験を私と共にしてくれた皆さん、本当にありがとう。

3月に入ってから、流れは私の内面に向かっています。
まず、5日にマイミクのももりんさんに波動調整をしていただきました。
オーストラリアンフラワーのカードでキーワードをピックアップすると、古いしがらみや感情の解放、表現する等、薄々気づきながら避けてきたテーマが明らかに。
波動の数値も全体的には悪くないけれど、「精神的な行動力」や「直感を生かす」的な項目の元気がないのです。
ううむ。

そして7日は、ベルエールでクリスタルヒーリングのモニターセッションを受けました。
カラーテストやオーラリーディングの後に選ばれたグリッドは、「リリース」「リペア」「ゴールへ向かう」というテーマのものでした。

さらに8日、マイミクの貝塚いぶきさんと交換セッション。
やはりここでも、古い関係性を手放すことがフォーカスされました。
面倒で先延ばしにしていた、部屋の隅にある古い段ボール箱の整理、みたいなものですね。
今の私はその関係性を許して手放すことができ、それが先へ進む要件なのでしょう。
そして、セッションの隠されたテーマと必然性が浮かび上がり、びっくりなのでした。
私はまだまだ見えることや思い込みに囚われ、ふとした拍子に浮かぶ直感を信頼できていなかったのですね。
さまざまな符合や一見偶然のできごとの積み重ねで、私の目から鱗が落ち、ものごとの本来の姿が見えるようになったみたい。

3つのセッションを受けることは、私の学びのために仕組まれたことだったのね、という感慨がひとしおです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧