心と体

November 28, 2009

散歩のススメ

犬と暮らし始めて、朝晩の散歩が習慣になって十数年。
バイロンと雨の日も雪の日も散歩をしていますが、最近になってようやく「散歩」の醍醐味がわかりつつあるのです。
というのも、私は緑の多い環境でずっと暮らしていたため、植物や自然に触れることを特に意識しなかったからなのですね。
だから、いろんな人の「自然に癒される」「緑の中にいるとホッとする」という言葉にも無頓着。
誰もいない夜の公園でバイロンと二人、風の音や香り、木々や空の気配、私の周囲に満ちる何かのエネルギーを感じてみて、ああ!こういうことなのね!と思い当たりました。
夜は視覚を制限されるため(視覚から解放されることでもある)、他の感覚を使いやすいのかも知れません。

広辞苑によると

散歩・・・気晴らしや健康のために、ぶらぶら歩くこと。散策。

だそうです。


服装 : 
動きやすいTシャツにジーンズやジャージ(多少汚れてもかまわないもの)・歩きやすいウォーキングシューズ・日差し対策や防寒対策もしっかりと

持ち物:
小さなタオル・ティッシュペーパー・のど飴・水(のどが渇きそうなら)・折り畳み傘(雨が心配なら)

持っていかないもの:
本や雑誌・ラジオ・iPodなどのミュージックプレイヤー・デジカメ



散歩(外を歩き、自然のエネルギーに触れること)によって、疲れた体は緊張がほぐれてバランスを取り戻し、疲れた心は優しくなだめられて活力を取り戻します。
なので、必要なのは自分と周囲の自然だけ。
公園のベンチや原っぱを見つけたら座り込んで、ぼんやりとしてみましょう。
大きな木の側へ寄っていって、触れてみるのもワクワクしますね。
木々のざわめきに耳を傾け、肌に触れる空気を感じ、漂ってくるにおいや流れる雲などに意識を向けていると、いつの間にか自分が「景色の一部」になっていることを感じるはずです。
しばらく、その感覚を楽しみボーッとしてみて下さい。
さっきまで感じていた重苦しさが消えて、体も心も軽くなっているでしょう?

どうぞ、皆さんも散歩を楽しんで下さいね!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 13, 2009

「無」になる

稲福薫先生の治療会に参加しました。
沖縄のクリニックへ行けない人たちのために、稲福先生は東京まで足を運んでくれるのです。
稲福先生は、心の中にある苦しみの固まりを「苦玉」と名付け、それを取り除くための治療をされています。
といっても怪しげなことではなく、心を空っぽにしてただ見る、というシンプルな方法。

お友だちに貸していただいた「瞑想の方法」という小冊子を読み、ぜひお目にかかりたいと思ったのです。

実際にお会いした稲福先生は、実直で誠実な雰囲気の方でした。
私が相談した問題に対して、

「それは思考にとらわれているんだよ、それであなたの心の中がいっぱいになってどんどん苦しくなるんだよ」

と、いつもあれこれ考えを巡らしている私には厳しいお言葉が。
そして、「ただ心を込めて一生懸命見る」ことで、慌ただしかった私の心が広々と静かな空間に変わったのです。
もちろん、治療が終わって家に帰る頃にはまたまた思考が充満してしまうのですが、「無になること」「静けさ」を体験したことと、その状態を自分の力で得られるという確信は、とても大切なものになりました。

素人が真似をして良いものではないけれど、シンプルで本質的なアプローチは多くの人に知らせたいと思いました。

稲福先生のサイト → 「心の苦しみの完全解消法

| | Comments (5) | TrackBack (0)

March 22, 2007

靴と足

少し前から、靴と足に意識が向いています。
今まで、特に靴については考えたことがありませんでした。
学生の頃から普通にスニーカーや革靴を履き、社会人になって色気づいてからは、見た目重視のパンプスやサンダルに親しんでいました。
で、靴に足が合わないとかの悩みはなかったのですよねえ。

アレックスとの散歩には、適当なスニーカー。
たくさん歩くし、犬の泥足で踏みつけにされるし、これは完璧に消耗品。
仕事やお出かけには、シャルル・ジョルダン(Charles Jourdan)が御用達でした。
一世を風靡したジョルダンの靴、国内の取扱店が少なくなって残念な限りです。
それ以外では、ヒロフ(HIROFU)やコール・ハーン(Cole Haan)なども愛用しておりました。

そして、たくさんの時が流れました。

昨年末に勤め人生活を辞めて、がらっと生活パターンが変わりました。
先日、珍しくパンプスを履いて一日中歩き回ったら、家に帰る頃には足が痛くてたまらなくなったのです。
たくさん歩いて足が疲れたのは事実だけど、
「こりゃあ、いかんなあ」
と、なぜか強く感じました。

早速、デパートの「ウォーキング・シューズ」や「コンフォート・シューズ」の売り場に攻め込んでみました。
何軒か回るうちに、一人の店員さんから私の足についてこんな指摘をされました。

・足幅が狭い
・甲が薄い
・指が長い

つーことは日本人の足型ではないので、日本人向けの標準的な靴(2E以上が殆ど)は合わないらしいのだった。
「幅がゆったりした靴だなあ」というのは足に合っていない状態で、歩くたびに足と靴がこすれてタコの原因となります。
さらに、かかとの高い靴だと履いているうちにつま先に負担がかかり、ハンマートウ(!!)の原因となるらしいのです。
げげっ、知らなかった・・・

思い当たることも多々あり、かなり応えました。
この状態を改善するためには、

・足にあった靴を選ぶ
・中敷きを足すなどして、できるだけ足にフィットするよう工夫する
・足を保護するため、綿や絹の靴下(できれば5本指)を履く

というような、一々ごもっともな説明をされました。
これからもノシノシと元気よく歩き回るために、アドバイスどおりに靴を選び、靴下もちゃんと履いています。
確かに、足の疲れ方が違うような気がします。
ただねえ、機能を追求すると、どんどんお洒落から遠ざかってしまうのだけど、健康第一だからねえ。


| | Comments (0) | TrackBack (3)

March 22, 2005

ハーブティー

ハーブティーはお好きですか?
ハーブティーはゆっくりくつろぎたい時、心がちょっと疲れた時によく飲みます。
もちろん「むくみの解消」「体脂肪を燃やす」などの楽しい効果のあるブレンドもありますが、くつろぎたい時に風味や香りを楽しみつつ飲む・・・というのが好きです。
まだまだ自分でブレンドするまでには至らないので、ブレンドしてあるものを探して買っています。
職場で重宝するのはティーバッグですが、家ではリーフ状のものを使っています。
お気に入りのブランドをご紹介します。

セレッシャル・ハーブティー(Celestial Seasonings社)
いろいろなフレーバーがあって、美味しくて飲みやすいです。
ティーバッグですが、ロー引きの袋に入っているから湿気を呼びません。
初めて飲むなら、レモンジンガーやスリーピータイムあたりがオススメかな。
Tea Market Mint Magicで購入しています。

モーリスメセゲ(Maurice Messegue)
故グレース・ケリーなど、ほんまもんの世界のセレブが愛用しているブランドです。
お値段も高いけれど、とても上品な味わいで素晴らしい。
ティーバッグの「スウィートミント」「レモンバーベナ」をチビチビと楽しんでいます。
↓福井にあるショップです。近くなら、ぜひ訪れてみたいんだけど・・。
対応もとても丁寧だし、品揃えも豊富です。
アロマハウス

ボタニカルズ(Botanicals)
シングルハーブも多いけれど、数え切れないくらいたくさんのブレンドがあります。
はっきりとした味わいで、どれもハズレがないような気がします。
ネットでも買えるけどショップも多いので、店頭で迷ってみるのがオススメですね。
BOTANICALS

| | Comments (0) | TrackBack (0)