ペット

May 24, 2009

初夏の旅

Konichiwa 恒例の家族旅行を楽しんできました。
当然ながらバイロンが主役、犬連れオッケーの場所にしか行きません。
アレックス兄ちゃんと暮らしていた頃から、居心地の良い宿(その土地でのおうち的な)を探してあちこち出かけて来たのです。
幸い、バイロンが「ただいま~っ」と言える馴染みの宿と出会うことができ、今回もお世話になってきました。

Niko 1泊目は車山高原の Serow 、2泊目は山中湖の Byron
どちらも清潔で快適な設備と美味しい料理、オーナーの人柄が素晴らしい宿です。
誰にでもオススメしちゃいますが、心がけの良いお客さん、であって下さいね。
どんな場面においても、基本的に大切なのは「人間性」だものね。
そして、良い宿と出会えたら、繰り返し訪れるのが醍醐味かなと思うのです。


Mizu 今回はお天気に恵まれ、富士山や八ヶ岳や赤石山脈(南アルプス)がとても美しかった。
車でちょっと走るだけで壮大な景色を楽しむことができ、私たちはとても良い環境に暮らしているのですね。
当たり前すぎて普段は忘れがちだけど、改めて自然の美しさにも感謝。

サイトにも記事をアップするつもりだけど、いつになることか・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 24, 2009

2度目のオメデトウ

Kawadu 2月11日、バイロンはめでたく2度目の誕生日を迎えました。
子犬が(もしかしたら人間の子供も)すくすく成長するのは当たり前だと思い込んでいたけれど、実際はたくさんの愛情と幸運が必要なのですねえ。

早朝の散歩から始まり、バイロンとともに私の一日は過ぎていきます。
天気が悪かったり眠かったりと面倒で辛いことも多々あるのですが、バイロンがいる奇跡、を意識する幸福な瞬間があります。
そんなときは、私が生きてここにいる奇跡とその意味も理解できるような気がしたりして。

Sakura1 さてっ。
2泊3日の家族旅行で河津桜を楽しんできました。
天気も上々、バイロンは今井浜でお友だちを見つけたり、居心地の良いホテルと美味しい食事ですっかりくつろぎました。
詳しくはサイトにアップする予定です。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

January 08, 2009

ペロリン

Baby 虚弱体質だったバイロンもめっきり丈夫になり、立派なラブラドル・レトリバーに成長しました。
オリバー小僧がお空へ旅立った後にやって来たバイロンを見たとき、その小ささと白さ(イエローではなく真っ白だった)にたまげました。
ちゃんと育つかなあ・・・・と、心配でたまらなかったのです。
案の定、すぐ具合が悪くなるし体もあまり大きくならないし、1歳近くまで毎週のように獣医さんに通いました。

それが、あなた。
今ではそんな話を誰も信用しないくらい、バイロンはやんちゃで朗らかな小僧になったのです。
本当に良かった。すべての人にありがとうを言いたいくらい。

ダイエットをきっかけに、アレックス兄ちゃんには手作り食を与えていました。
慣れてしまえば冷蔵庫整理もできるし、食べる楽しみも増えるし、良いことずくめです。
が、育ち盛りの子犬に適切な栄養を与える自信がなかったので、バイロンにはドライフードを食べさせてきました。
味気ないけれど楽だし、特にトラブルもなかったのですねえ。

つい最近、獣医さんに「ペロリン」というソフトを勧められました。
犬の手作り食のレシピやスケジュール管理、栄養計算が簡単にできるのです。
アレルギー食材の指定もでき、なかなか痒いところに手が届く感じ。
手作り食を復活させたいと思っていたところだったので、さっそく購入しました。
何と60種類ものレシピが載っていて、よく見るととても美味しそうなものばかり!
時間のあるときに簡単なレシピを作っているのですが、バイロンの評判も上々です。
旅行中などはドライフードが便利だから、手作りとドライフードと半々くらいにしてみようと思います。
今年の抱負です。

ペロリンのサイトはこちらへ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 17, 2008

ガールフレンド

B2_2 16日は私の誕生日。
子供の頃みたいに誰彼かまわず吹聴はしないけれど、無事に一年過ごせたことを周囲の人々に感謝する日でした。
いつもどおりバイロンも一緒で、当たり前の日常を過ごせる幸せにしみじみしたりして。

さて、最近のバイロンですが、寒くなるにつれて外で遊ぶのがますます楽しくなってきました。
夏の間は、5分走り回ったら水を飲んで木陰で10分休憩・・・という感じで、とにかく慎重に(私が)遊んでいたものです。
B1空気が凍えるように冷えている朝などは、特に絶好調。
霜の降りた原っぱを楽しげに走り回ります。
最近、バイロンにはガールフレンドができたので、楽しさにさらにさらに拍車がかかっているのですねえ。
走り回ったり取っ組み合ったり、子犬のようにいつまでも夢中になって遊んでいて、バカ親の私もたいへんハッピーです。
一年前のバイロンがヒョロヒョロの虚弱体質だったことを思えば、わがままだろうが甘えんぼだろうが全ての存在に感謝なのです。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

October 31, 2008

秋の家族旅行

1029b_4 10月29日から2泊で、秋の家族旅行を楽しんできました。
宿泊先は、何度もお世話になっている車山のSerowと山中湖のByron。
お天気にも恵まれ、道路状況も、うちに来て半年経つプリちゃんも快調。
楽しい日々を過ごすことができました。

そのうちサイトに旅行記をアップするので、時々のぞいてみてね。
えみぞうの犬屋敷

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 03, 2008

ハーネス遍歴

0926_2 バイロンは、散歩のときにハーネス(胴輪)とリード(引き綱)を付けています。

ふつう、大型犬(もちろんバイロンも)は首輪を付けるものです。
アレックス兄ちゃんは、コントロール性の高いチョーク首輪(犬が引っ張るとグエッ!って首が絞まる)を着用していました。
首輪と比べてハーネスは犬にかかる負担がとても少なくて、首輪は引っ張るとすごく苦しいけどハーネスは引っ張っても苦しくないよ! なのですね。

バイロンは喉が弱くて、喉に負担をかけると喘息みたいな発作を起こします。
だからハーネス必須なのですが、大型犬用ハーネスってあんまり売ってないのです。
構造によっては喉に負担がかかるものもあり、この1年ほど「ハーネス遍歴」を続けていました。
最近、PREMIER社の「トップノッチ・ハーネス」を購入してみたら、喉元には全く負荷がかからなくてとっても快調!
お値段も手頃なので、ハーネスをお探しの方はぜひお試し下さい。
ちなみに、同じPREMIER社の「イージーウォーク・ハーネス」も使ってみました。
これを着用すると絶対に引っ張らなくなるけれど、バイロンの表情も暗ーくなってしまったので、イージーウォークは引き出しの奥にしまい込みました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 11, 2008

キングタライの夏

Tarai1 今年も暑い夏が頑張っています。
ときどき滝のような雨が降るけれど、基本的にはジリジリと脂肪も溶け出すような晴天の毎日です。
エアコンがないと生きていけない・・・一体いつからそんな風になっちゃったんだかね。
人間もこの季節は健康を保つのが大変だけど、犬たちにとっても受難の季節なのです。
あまり仲良くしたくない虫たちも寄ってくるし、何しろこの暑さ。
試みに、お日さまがギラギラと照っているときに、日向のアスファルトの上に佇んでみましょう。
さらに靴を脱ぎ四つん這いになって、その感じを味わいましょう。
・・・・・・・こりゃあ、たまらん!!!、でしょ?
朝の散歩の時間はどんどん早くなり、夕方の散歩の時間はどんどん遅くなります。
水分補給をして熱中症にならないように、どの飼い主さんもとても気をつけています。

Tarai2そんなある日、「キングタライ」がやって来ました。
110リットル入りで水抜き用の栓もついている、素晴らしいキングタライ。
バイロンの日々は、キングタライと出会ってからさらに楽しくなりました。
散歩から帰宅したときは、キングタライに浸かって体を冷やすこともできます。
オモチャを沈めて遊んだり、お友だちを誘って水バシャバシャしたり。
楽しく遊んだ後はお水がけっこう濁るので、植物たちの水分補給に使っています。
薬師如来ちゃんも、にこやかに見守ってくれるのでした。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 22, 2008

バイちゃんとプリちゃん

16_5_3 バイちゃん(バイロン)とプリちゃん(先月来たばかりのプリウス)と一緒に、信州へ2泊3日の旅をしてきました。

アレックス兄ちゃんと何度もお世話になった「車山のおうち」である、Dog Lover's Serow にも久しぶりで遊びに行きたくなりました。
そして、私が子供の頃さんざん遊んだ野尻湖方面にも行ってみることしたので、黒姫高原の ペンション BOW にお世話になりました。

梅雨明け前だったものの、お天気に恵まれて楽しい旅行になりました。
週間予報ではraincloudだったのに、こういう予報のはずれ方はうれしいものです。

詳しくは後日サイトにアップするけれど、バイちゃんもプリちゃんもよい子だったし楽しかったよ~、という報告です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 19, 2008

バイロン再び

Yama15_8 初夏の爽やかな陽気の中、家族で山中湖の プライベートハウス バイロン にお泊まりに行きました。
昨年秋にお伺いしてから約半年、ヒヨヒヨの小僧だったバイロンは腕白な非行少年に成長しました。
ドッグランもお池(山中湖)も前回以上に楽しく、バイロンママ手作りの美味しいご馳走にも舌鼓を打ちました。
詳しくはサイトに旅行記をアップする予定だけど、まずは楽しかった報告でした~。


※業務連絡です。
ワンド「ヤジュール君」が参加するセッション、準備が着々と進んでおります。
ツリースピリットのシンボルは色も形も美しく、ハートに響くメッセージを受け取っていただけるでしょう。
さらに、エッセンスを使った瞑想によって、より深いリラックスや気づきを体験していただけます。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

May 04, 2008

ヒキガエル体験

Byron6 うちの庭には、ヒキガエルたちが暮らしています。
彼らはおとなしくて、何一つ悪いことはしません。
夜になるとノソノソ歩いているので、踏まないように注意が必要です。

バイロンは朝と夕方、敷地内の巡回を任務としているのですが、暖かくなってからヒキガエルと遭遇することが多くなりました。
遭遇しちゃうと、双方ギョッとしてフリーズして睨み合う・・・という事態になります。
ヒキガエルは年季が入っているので、ちょっとすると「ふっ、小僧か・・・」と何ごともなかったかのように立ち去っていくものです。

そんなある夕方。
散歩から帰ったバイロンは、いつものように巡回した際にヒキガエルを発見、たいへん得意げに「カエル、見つけちゃったよ-」と教えに来ました。
次の瞬間、何と何とバイロンはヒキガエルをツンツク!しちゃったのです。
ヒキガエルは、そのイボイボから毒液を出すそうなのよ。
案の定、その後しばらく(約30分くらい)バイロンは、気持ち悪そうにゲブゲブと涙目になり、いつもピーンとしている尻尾もヘナヘナになってしまいました。
少し元気になってから、ゴハンもデザートも食べて何ごともなく過ぎたので、ひとまずはめでたしめでたし。
これを機会に、少しは注意してくれると良いんだけどね、バイロン君。

ヒキガエルについては、こちらへ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)