グルメ・クッキング

December 08, 2009

重ね煮講習会

2009120712480000 上町の素敵なカフェ ナチュラル・プクゥー で開催された「重ね煮講習会」に参加してきました。
料理の苦手な私が自主的に参加するはずもなく、もちろんお友だちに誘っていただいたのです。

「重ね煮」は、複数の素材を重ねて煮ることで野菜の旨みを引き出すもの、という感じで知っていました。
バイロンのゴハンにも応用できるかなー、というくらいの軽い気持ちで会場へ赴いた私。
講師は戸練ミナさんです。

講習会は、玉葱と人参の重ね煮のデモンストレーション、試食会を兼ねたランチ、という構成でした。
重ね煮の調理法はとてもシンプルなので、カセットコンロに乗せられたガラス鍋の中で煮えていく玉葱と人参を眺めつつ、ミナさんのお話に耳を傾けるという感じになります。

2009120712510000 いやー、それが!!
ミナさんのお話が抜群に素晴らしいのですよ。
野菜をより美味しく食べるための調理方法を切り口にして、全ては繋がっている = ワンネス について語られているのです。
ミナさんのお話を聞いてしまったら、もう食べ物をおろそかに扱うことはできません。
そして、食べ物や環境に意識的になることは、今の私たちができる最善のことなのだと思います。
試食会は三種類のおかずと野菜ジュース、だしを使っていないとは信じられない美味しさのスープ、プクゥーさん自慢の美味しいパンたち、という大盤振る舞いでさらに幸福になってしまいました。

ミナさんは定期的に重ね煮お料理教室を開催されています。
ご興味を持たれた方は、ぜひ一度ご参加を!

戸練ミナ公式サイトこちら

| | Comments (14) | TrackBack (0)

September 30, 2008

食欲の秋・・・

先日、お友だちと飯田橋の 主水 で季節の美味しいものやお酒を楽しんで来ました。
ここは手打ちそばはもちろん、店主が全国から集めた「旬の美味しいもの」がこれでもか!と並ぶ、ヨダレがたれてしまうような取って置きのお店です。
大人も満足できるから商談や接待でも何の問題もないけれど、できれば気の置けない友人たちで行くのがオススメです。
楽しい話題で、料理もお酒も一段と美味しくなるものね。

さて、美味しいものの「お取り寄せ」もおろそかにはできません。

竹田青果
糖度20%!という、茹でるだけでまるでお菓子のように甘い「夢甘栗」を販売しています。
お値段は普通の栗の2倍なのですが、感動の美味しさです。
生のまま密封して冷蔵庫で長期保存が可能です。

新潟白根特産品市場
白根は果物の産地としてとても有名です。
私は枝豆を主食としているので、夏の間は「黒崎茶豆」などを何回も購入しました。
果物も素晴らしいし、実は「笹だんご」がとっても美味しかったりします。

Orga種子島
種子島から、安納芋や紫芋などの名産品を発送しています。
安納芋は、糖度15%以上になるねっとりと甘いサツマイモです。
焼き芋の季節に向けて、おうちに常備しておくとハッピー!

秋は美味しいものがたくさん、11月にはボジョレーを楽しむこともできますね。
皆さまも、楽しい秋をお過ごし下さいませ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 15, 2007

オイシイモノたち

ネットショッピングが好きです。
東京に住んでいるんだし、デパートでは全国のオイシイモノを手に入れることができるんだけどね。
が、オイシイモノをお取り寄せするのって、ワクワクします。

で、出会えて良かったオイシイモノたちのご紹介。
みなさんの琴線に触れるものはあるでしょうか?


あけがらし本舗
「あけがらし」を説明するのはちょっと難しいかも。
米麹、芥子、麻の実、醤油、三温糖をゆっくり熟成させた、ゆるい味噌のような食感。
ご飯に乗せても、キュウリにつけても美味しいのです。
時々テレビで取材されちゃうと、注文が殺到してすっごーく大変なことになるらしいです。

アマノフーズ
フリーズドライの味噌汁、吸い物が美味しいです。
種類もたくさんあり、汁の実も充実しているので、朝食など忙しいときに大活躍です。
秋から自社でショッピングサイトをオープンするらしいです。
個人的には、和風の汁物の方が好き。

Collin Street Bakery
クリスマスには欠かせないフルーツケーキ!
ここのフルーツケーキは伝統的なレシピで作られていて、しっかり甘くてずっしりしています。
意外なことに、男性にファンが多いのです。
ブランデーにもよく合います。
かわいい缶に入って届くので、うちではお歳暮に活用しています。
船便だったら、10月上旬に注文して12月上旬に届く感じ。

こだわりの津田孫兵衛
なんと言っても、小鯛の笹漬です。
お値段ははりますが、上品で繊細な味わいはそれだけの価値があるのです。
そのまま食べても、押し寿司に加工しても美味しい。

二の岡ハム
東名の御殿場インターを降りて5分ほどの場所で、ハムを作っています。
牛タンのスモークが美味しかったのだけど、今は製造していなくて残念。
ベーコンを使ってポトフを作ると、それはもう・・・
どの製品も素直な味わい、派手さはないけれど飽きのこない美味しさです。

新潟味のれん本
ここのお煎餅、妙にフレッシュなんです。
個別包装なんだけど、香りも歯触りもとっても美味しい。
お使い物にも、おうちのオヤツにも重宝しています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 21, 2006

今年もボジョレー

11月16日、11月の第三木曜日はボジョレー・ヌーヴォーの解禁日です。
かつてのようなお祭り騒ぎは見られないものの、普段ワインには興味がなくても何となくワインを買ってしまう、そんな季節の風物的なできごととなりましたね。

今年は、My Wine Clubから朝9時にボジョレー・ヌーヴォーとボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォーが届いたので、さっそく冷蔵庫に。
途中、インフルエンザの予防接種をこなしながら、新宿に向かいました。
まあ、他に用事があったのだけれど、ワインの合いの手を探しに伊勢丹に立ち寄ったのです。

・・・・・今年は、去年までとはちっと違うわ。
飲酒運転の取り締まりが厳しくなったからなのでしょう、例年人が群がっていた試飲コーナーはがら~んとしている。
去年まで楽しげに群がっていた人たちは、どこへ行ってしまったのかしら。
やや淋しさを感じながら、FLOでオリーブ、HEDIARDでエピ2種類、お総菜売り場でチキングリルのバジル風味などを購入、家路に着きました。

夜、近所の友達をうちに呼んで、ボジョレー味比べをいたしました。
どちらも若くてフレッシュ(当たり前だけど)、ぶどうジュースな感じは否めませんが、旬の味わいを堪能しました。
SALVATORE CUOMOのピッツアもデリバリーされてきて、楽しく夜が更けて行ったのでございます。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 08, 2006

いもほりとうどんと平林寺

前日までの荒天が嘘のようにすっきり晴れた7日、満を持して私たちはいもほりに繰り出しました。
本日の予定は、まず東村山でうどんを食べ、所沢でいもほりをする、というものです。
台風一過の青い空、強い風が吹きまくり、最高気温は27度が予想されるとか。
前の日まで寒かったからね~けっこう体に応えるのよね~などと年齢を感じさせる会話を交わしつつ、車は快調に走っていきます。

まずうどんを攻略してから!(ただ空腹なだけ)と意気込み、ネットで評価の高い「きくや」を探します。
ナビに住所を入力して探すものの・・・・ない。
車から斥候を送り出し付近を偵察するも・・・・・ない。
※あとで、住所を間違えてメモを取っていたことが判明。またの機会だね。

Udon
おっかしいなあ~と首をひねりつつ、もう1軒目星を付けておいた「手打房とき」へ。
こちらは、自転車駐輪場のオジサンに聞いたら場所はすぐに判明。
細い路地を入った住宅地にありました。
11時40分到着、開店は11時半なのにもう店内は満員です。
私たちが席に着いた後も、次々とお客さんがやって来ます。
私は、野菜天もりを注文。
カウンターの中では、頑固そうな大将が一人で切り盛り。
注文取りとお運びは、バンダナのおじさんが受け持っています。
・・・・・・・・そして、待つこと45分。
水だけをお供に待っているのは、実は大変辛いものがありました。
最初のうちは、大将の働きぶりを物珍しく観察していたけれど、だんだん空腹になって無口になってしまった。
ようやくできあがったうどんは、色は茶色っぽくてすごく歯ごたえがあり、たいへんけっこうな味でした。
すすりこむことはとても無理、このまま「うどんすき」に入っていそうな感じ。
野菜の天ぷらは、にんじん・さつまいも・かぼちゃ・なす・たまねぎのかき揚げと盛りだくさん。
素朴で力強い味、待つだけの価値はあったかも。
しかし、ビールぐらい飲みたかったぞ。

Imo1
満腹になったところで、3年前にアレックスといもほりに伺った東所沢観光園芸センターに。
相変わらず、幟が1本たなびいていました。
Imo2
小一時間掘って、それなりに収穫。
とても満足。たくさん掘れたので、お友だちにも送りつける予定なのです。
足元は長靴で固めていたから無事だったけれど、、軍手の隙間から泥が手に染み渡り、洗っても洗ってもこぎたねー手でした。
ピザをこねたり、米を研いだりすればきれいになるんだけどな。

その後、せっかくだから野火止の平林寺を拝観。
広大な大河内松平家の墓所を眺めながら、しばし栄華と歴史に思いを馳せたのでした。
Kino1Kino2

しみじみと雑木林を散策していると、見るからに強そうなキノコを発見。
高さは40センチくらいで、見たところ巨大なマッチ棒そっくりです。
これって何だろう????
ご存じの方は、教えてください。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 01, 2006

鳥焼澤村

久しぶりに会う友人と、新高円寺の鳥焼澤村に行きました。

広々とした店内とカウンターの中では、店員さんがきびきびと立ち働いています。
まだ早い時間だというのに、続々とお客さんがやって来ます。

さあ、何を食べようか・・・・とりあえずビールを頼んで。
選んだのは、Aコース。お通し、串焼き7本、つくね、鳥スープ、サラダつき。
季節の味、サンマの刺身を注文して、あとはお腹の状況で考えよう。

ささみに梅肉とおぼろ昆布
ぼんじり
レバー
ハツ
ねぎま
合鴨
正肉
卵黄を絡めて食べる、名物のつくねが2本

と、こんな感じに熱々の串焼きが登場して、しゃべりまくる合間にガツガツと頬張りました。
たくさんしゃべって喉が渇いたので、けっこう飲んでしまった。

この友人との出会いは、ちょっと運命的(?)な感じもするのです。
ずっと前に、宅建受験のための予備校に通っていたとき、偶然隣に座ったのが言葉を交わすきっかけでした。
たまたま同い年、それも住まいが5分足らずしか離れていなかった!
今までの生き方も性格も全く違うけれど、それからなぜかつきあいが続いています。

また、いろんなことを話そうね!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 21, 2006

秋の味覚その2

秋といえば、イモ系統ですね。
アレックスもピーチもオイモが大好きでした。
ピーチは、ヤキイモを持った女子高生を襲撃したことがあるらしい。
アレックスは、イモ掘りをしたことがあるのですよ

先日、お友達から北海道のジャガイモをいただきました。
見たとたんにハタ!とひらめいて、秘蔵のヤキイモ土鍋で焼いてみました。
この土鍋、イモ類もカボチャも本当に美味しく焼けるのですね。
ヤキイモやさんのあの味、水分が上手に抜けたホクホク感を楽しめるのです。

ジャガイモの場合、焼き上がりまで時間がかかるのが難点だね。
散歩に出かけるときに鍋をしかけて、帰る頃にちょうど焼き上がっていました。
(火の番はケイコに頼みました)
岩塩を付けただけでさっそくほおばると、う~ん、秋の味覚だ。

さて次の日、職場の同僚からサツマイモをいただきました。
なんと、実家で栽培したらしい!
すっごいねえ、ドジョウインゲンで興奮している私とは大違いです。
で、このサツマイモもヤキイモ土鍋で調理。
たまたま集結した近所の友達に食べさせたら、あっという間に売り切れでした。

今年も、イモホリに出かけないとね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 06, 2006

秋の味覚届く

先日、根室から職場に届いたサンマのお裾分けにあずかりました。
「今夜はサンマだぞ」と家にメールしたところ、「サンマは七輪だな」という返信が。
まあ、ケイコったら。
あわてて近所の友達にメールして、七輪の準備をしてもらう手配をしました。
七輪と炭は、うちの物置に常駐しているのです。
私は、大根とプチトマトとトウモロコシを買って大急ぎで帰り、パーティーの準備にかかります。
トウモロコシを茹で、米をとぎ、ほうとう(というより、豚汁だな)の仕込みをするだけです。
しばし後。
秋の虫たちの演奏を聴きながら、七輪でしみじみとサンマを味わいました。
しかも、玄関先で。
風流ですな。

・・・と思ったら、翌日、今度は気仙沼からサンマが届きました。
新鮮だし脂が乗っているので、刺身でもオッケー!!とのこと。
親戚にも分けて、この晩は刺身で美味しくいただきました。
生臭くなく身がしっかりしていて、とってもオイシイ。
身のしっかりした鰯、という感じでいくらでも食べられてしまう。
秋って、良いねえ。

残りのサンマは翌日、友達に煮付けを作ってもらいました。
うちの分も無理矢理押しつけたので、彼の家はすっかりサンマ臭くなってしまったらしい。
でも、これも大変けっこうな味付け。
ありがとう。
また作ってね。

次は、松茸かしら。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 20, 2005

Beaujolais Nouveau 2005 -今年のボジョレー-

11月17日はボジョレー・ヌーボーの解禁日。
さっそく、楽しみました。
ついつい「発売日にお届けします」という6本セットを申し込んでしまいました。
季節の味だし、ちょっとワクワクするし。

今夜はボジョレーだ!ということで用意したおかずは、
ミートローフ、ジャガイモとチーズのフライ、オリーブ、チーズ、堅いパン。
ダラダラとワインを飲む肴ばかりですな。
今年のボジョレーの味わい、さわやかでたいへんけっこうでした。。
アルコール度数も低いような気がして、スルスルと飲めてしまいます。

普段、安いワインを専門に飲んでおります。
主にお世話になっているのは・・・
My Wine Club
セールも多くて、つい買ってしまいます。頒布会も楽しくて、オススメ。

Wine Shop ENOTECA
お高いワインも各種揃っていますが、12本で一万円弱というお買い得なセットもあります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 22, 2005

上海蟹の日

昨日、生まれて初めて上海蟹を食べて参りました。
きっかけは、仲の良い友達と上海蟹を食べたことがないよね~、と話したこと。
どのお店に行ったらよいものか、全く見当がつきません。
名店と言われるお店や、「上海蟹」で検索してヒットするサイトを片っ端からチェック。

この段階で一つわかったことが。
「特選上海蟹特別コース」というものは、フカヒレなど高価な食材と組み合わせてあるので、高いんだわ。
安くて9,000円、だいたい13,000円くらいが相場みたい。

何店かに候補を絞り、考えました。
コースにするか、単品で行くか。予算も重要だし。
ハズレはなかろう・・・ということで、銀座アスターに決定したのでした。

で、食べたものは次のとおり。

銀座アスター特選特級上海蟹の姿蒸し
上海蟹ときのこの甲羅詰め焼き
上海蟹と湯葉と豆腐の煮込み
上海蟹の焼きまんじゅう、鎮江黒酢添え
松茸入りきのこの焼きそば
杏仁豆腐、マンゴープリン

初めて食べた上海蟹は、淡泊で上品な味わい。
ミソは生臭くなく、旨みが強い気がします。
豆腐との煮込みは、スルスルといくらでも食べられそうだ。
焼きそばは堅焼きにしてもらったので、パリパリと満足満足。

ま、冒険というほどのものじゃないけど、美味しいものを食べて幸せな時を過ごしたのでした。

銀座アスターのサイトはこちらへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)