« April 2010 | Main | September 2010 »

May 2010

May 23, 2010

満願成就

昨年8月から取り組んできたアストロロジーのモニターリーディング、先日めでたく100人目の方とお会いすることができました。
最初は無謀に思えた目標を達成できたのは、皆さまのお力添えのおかげです。
本当にありがとうございました。

最初のうちは知人・友人を片っ端から拝み倒す・・・という感じでしたが、2ヶ月を過ぎた頃に面識のない方からお申し込みをいただくようになり、何かがようやく動き出したという確信を持ちました。
カバラで言うところの「はずみ車を動かす作用もあったようで、私の生活全てが今までとは一変し、新しい風や可能性が訪れています。

モニターリーディングは、リーディングスキル向上を目指して始めたものの、実際は「他の何か」について学ぶことが主目的だったようです。
人との縁の不思議さを体験したのはもちろん、価値観や生き方は人の数だけあり、それはその人自身が見出さなくてはならないこともわかりました。
そして、私は一体どのように生きていくつもりなのか、ようやく「自分の人生」と向かい合う勇気を得られたと感じています。

今後、アストロロジーのリーディングは30分5千円で承ります。
モニターリーディングではアストロロジー以外の道具は使わずに読みましたが、今後はもっと柔軟な方法で情報をお伝えするつもりです。
もちろん、60分・90分のリーディングの中でもアストロロジーを活用していきます。
詳しくは、 AstralStoneAlchemy をご覧下さい。

モニターリーディングでお会いした皆さま、またお目にかかる日を楽しみにしています。
お会いしたときには、ご自身の人生がどんな風に変わって来たか、ぜひお話し下さいね。

心からの感謝を込めて。
  2010年5月23日  本郷恵美

| | Comments (8) | TrackBack (0)

May 11, 2010

District 9

観てきました、「第9地区」。
第82回アカデミー賞には、作品賞も含めた4部門にノミネートされた異色作です。
評価はいろいろあるけれど、私としてはすごーく面白かった。

舞台は、南アメリカのヨハネスブルグ。
28年前に訪れた宇宙船には大勢のエイリアンがいて、彼らは難民としてヨハネスブルクに住み着いてしまいました。
地球人よりずっと優れたテクノロジーを持っているはずなのに、エイリアンたちの情けない姿といったら・・。
ええ~っ!!という設定の中、ストーリーは意外な方向へ進みます。
MNUのへなちょこ職員ヴィカスを演じるシャルト・コプリー、どこまでも追い続けるクーバス大佐のデヴィッド・ジェームズ、そしてそしてクリストファー・ジョンソンのジェイソン・コープ、皆さん素晴らしかったです。

日曜日に観たのですが、ほぼ満席でした。
万人向けではないけれど、「ほほう、面白そうだ」と思われたなら必見です。

ちなみに、小学生が観るときには保護者の助言・指導が必要な PG12 指定の映画です。

| | Comments (30) | TrackBack (0)

May 01, 2010

地球交響曲第七番

明治神宮内で開催された「地球交響曲第七番」完成披露有料試写会へ行きました。

昨年夏に撮影を終えた90時間に及ぶ映像から、そのエッセンスともいうべき2時間6分の作品が完成。
本日は、出演者であるアンドルー・ワイル博士高野孝子さん龍村仁監督のトークショーもセットされた、贅沢な試写会なのでした。

ワクワクしながら鑑賞した「第七番」は、美しい自然とシャーマニズムに溢れた素晴らしい出来上がりでした。
伊勢神宮や天河神社や弥山の厳かな静謐さは、私たちに謙虚さと畏れを思い出させる。
自転車と一体になって楽しげな、ツール・ド・フランスの英雄グレッグ・レモン氏、吹き抜ける風や渦巻く水流が一体となって、私たちは繋がっている、というメッセージが浮かび上がってきます。

ワイル博士の不思議なラビリンス、いつか歩いてみたいなあ。
伊勢神宮に天河神社にアリゾナのツーソン、ぜひ訪れたいと思っている場所がピックアップされていて、密かにシンクロを感じていました。

7月から、日本各地で上映されます。
日程はこちらへ。
地球交響曲は、自主上映で支えられている映画です。
ぜひ、ご家族やお友だちとご一緒にお出かけ下さいね。

| | Comments (15) | TrackBack (0)

« April 2010 | Main | September 2010 »