« February 2010 | Main | April 2010 »

March 2010

March 19, 2010

マクベス

シェイクスピアを原作にした舞台、「マクベス」を世田谷パブリックシアターで観劇しました。
同シアターの芸術監督でもある、野村萬斎の演出・主演です。
物語のあらすじは、だいたい誰でも知っている、という感じでしょうか。

上演時間は、休憩なしの1時間30分。
演じる俳優さんはたったの5人、スピーディーな(というかあっという間の)展開が続き、ぼんやりしていると場面について行けません。
「今」という瞬間を切り出したような演出は、観ている方も真剣勝負でした。

秋山奈津子さんのディープな感じも素敵だけど、萬斎はかっこいいですな。

世田谷パブリックシアター公式サイトはこちらへ。

| | Comments (13) | TrackBack (0)

March 15, 2010

The Hurt Locker

キャスリン・ビグロー監督の「The Hurt Locker」を鑑賞してきました。
イラクで任務に就く、米軍の爆発物処理班のお話です。
彼らは死と隣り合わせ、というか爆発物を探し求める仕事なので、いつも死を目指しているような感じ。
ジェレミー・レナー演じる主人公のジェームズは、死と直面しているとき強烈な「生きている実感」があるのですね。
それって「中毒」としか言いようがないけれど、実は共感してしまいました。
私の場合は、ハードな状況にいると充実感がある、という程度なのですが。
戦闘シーン以外の、景色や人々の視線や空気が緊張感に満ちていて、ずっと気が抜けません。
淡々とした視点ということもあり、テーマは観た人それぞれが探してみてね、という感じもしました。

アカデミー賞受賞後1週間というタイミングだったので、当然ながら映画館は超満員でした。
ジェームズ・キャメロンの「アバター」と比べて、上映館が少なくてちょっとビックリ。
配給の時点では、誰もこの展開を予想していなかったのかも。

The Hurt Locker公式サイトはこちらへ。

| | Comments (12) | TrackBack (0)

« February 2010 | Main | April 2010 »