« October 2009 | Main | December 2009 »

November 2009

November 28, 2009

散歩のススメ

犬と暮らし始めて、朝晩の散歩が習慣になって十数年。
バイロンと雨の日も雪の日も散歩をしていますが、最近になってようやく「散歩」の醍醐味がわかりつつあるのです。
というのも、私は緑の多い環境でずっと暮らしていたため、植物や自然に触れることを特に意識しなかったからなのですね。
だから、いろんな人の「自然に癒される」「緑の中にいるとホッとする」という言葉にも無頓着。
誰もいない夜の公園でバイロンと二人、風の音や香り、木々や空の気配、私の周囲に満ちる何かのエネルギーを感じてみて、ああ!こういうことなのね!と思い当たりました。
夜は視覚を制限されるため(視覚から解放されることでもある)、他の感覚を使いやすいのかも知れません。

広辞苑によると

散歩・・・気晴らしや健康のために、ぶらぶら歩くこと。散策。

だそうです。


服装 : 
動きやすいTシャツにジーンズやジャージ(多少汚れてもかまわないもの)・歩きやすいウォーキングシューズ・日差し対策や防寒対策もしっかりと

持ち物:
小さなタオル・ティッシュペーパー・のど飴・水(のどが渇きそうなら)・折り畳み傘(雨が心配なら)

持っていかないもの:
本や雑誌・ラジオ・iPodなどのミュージックプレイヤー・デジカメ



散歩(外を歩き、自然のエネルギーに触れること)によって、疲れた体は緊張がほぐれてバランスを取り戻し、疲れた心は優しくなだめられて活力を取り戻します。
なので、必要なのは自分と周囲の自然だけ。
公園のベンチや原っぱを見つけたら座り込んで、ぼんやりとしてみましょう。
大きな木の側へ寄っていって、触れてみるのもワクワクしますね。
木々のざわめきに耳を傾け、肌に触れる空気を感じ、漂ってくるにおいや流れる雲などに意識を向けていると、いつの間にか自分が「景色の一部」になっていることを感じるはずです。
しばらく、その感覚を楽しみボーッとしてみて下さい。
さっきまで感じていた重苦しさが消えて、体も心も軽くなっているでしょう?

どうぞ、皆さんも散歩を楽しんで下さいね!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 26, 2009

十二人の怒れる男

シアターコクーンで「十二人の怒れる男」を観劇してきました。
もともとは、レジナルド・ローズ原作のアメリカのテレビドラマ(生放送だったらしい)、その後ヘンリー・フォンダ主演で映画化された法廷ドラマです。
今回は、蜷川幸雄演出で舞台化されました。

登場人物は、第一級謀殺の容疑をかけられた少年を裁く、陪審員12名。
少年が有罪なら死刑、無罪なら釈放、という重い選択を委ねられた市井の住人たち。
証言や証拠は少年の有罪を示唆しているようなのですが・・・・・
タイトルに「怒れる」と入っているだけあり、皆それぞれの立場でイライラが募っていきます。

日本で裁判員制度が始まった今、この作品はいろんな問題を提示しているようですね。
正義とは? 真実とは?人が人を裁くことができるのだろうか?
今度はヘンリー・フォンダの映画を鑑賞しようと思います。

たまたまステージ脇の仮設ベンチシートが取れたので、至近距離から陪審員第八号を演じる中井貴一氏のお尻を眺めることができました。
熱く怒りまくっていた西岡徳馬氏をはじめとして、舞台上の皆さんが創り出す緊迫した濃密な時間。
素晴らしいひとときを楽しんで参りました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 15, 2009

12月19日 ワークショップ開催のお知らせ

久々にワークショップを開催します。
あなたが向かい合うテーマやヒントをあなた自身の力で見つけてしまう、セルフガイド が今回のテーマです。
この世で起こることに偶然はないと言います。
あなたがなぜここにいて、どこへ向かっているのか・・・
今年一年を振り返り、希望に満ちた新しい年を迎えるための集いとなるでしょう。
この日に出会う皆さまとのご縁を感じつつ、楽しく(そして有意義に)過ごしたいと思っています。


日時   12月19日(土)午後1時30分~16時30分
      ※午後1時から受付いたします

場所   京王井の頭線永福町駅徒歩3分(東京都杉並区)
      ※お申し込みの方に詳細をお知らせします

講師   本郷恵美

費用   5,000円

メニュー 今年一年を振り返り、来年のテーマ(流れ)を眺める
      カードを使って、参加者共通のテーマを見つける
      誘導瞑想CDを体験する
      カバラのテクニックを使って実現可能な目標を立てる
      マルセイユタロットのミニリーディング
 

お申し込み・お問い合わせは こちら または Mixi からもどうぞ。
お目にかかるのを楽しみにしています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 03, 2009

豊かさの法則

前回ここに書いたように、「豊かさの法則」ジョン・ランドルフ・プライス著(講談社)の40日間のワークを終えました。
サブタイトルには、40日で、富とお金を引き寄せる というギラッとした文言があります。

ワーク自体は、10の短い文章を毎日一つ読んで15分瞑想し、思い浮かんだアイディアや言葉を書き記す、という簡単なものです。
40日間かけて一つの文章を4回ずつ読み、潜在意識に植え付けていく作業です。

実は、この手の自己啓発系(?)の書籍は苦手だったのです。
今回はお友だちから「一緒にやらない?」と誘われ、私としては珍しく。
何しろ続けなくては意味がないので、携帯のアラームを15分早くしてまず文章を読み、読み終わったらタイマーをセットして瞑想(半分くらい眠っていた)、すぐさま浮かんだ言葉を枕元のノートに殴り書き、という手順を決めました。

このワークのポイントは、富や豊かさ(原因から引き起こされた結果)に意識を向けるのではなく、その結果を起こすことになったそもそもの原因に意識の焦点をあてる、というものです。
「まず結果ありき」という視点ではそれを導き出すプロセスは限定されて狭く、息苦しくどんどん焦ってしまいそう。
反対に「これをしたい」という心の望みを重視するなら、そこから発展するプロセスは多様だし、結果は「思いがけないご褒美」になるみたいです。

このワークを始めて2週間くらい経った頃、何となく「お金」や「お金を稼ぐこと」についての焦燥感がなくなったことに気づきました。
お金なんかいらないということではなく、私の行動に見合うものがやって来る、と理解できたような。
ちょうど、アストロロジーの無料リーディングを始めた頃と重なっているのも不思議です。

ワークを終えた今、ものすごーく金回りが良くなった訳ではありません。
けれど、以前よりも自分の生き方を肯定できるようになり、毎日を楽に過ごせるようになったのです。
そういう意味では、私は「豊かさ」を手に入れたのだと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2009 | Main | December 2009 »