« - Valkyrie - | Main | PNAJ数秘ライブクラス(ベイシック)報告 »

April 17, 2009

その男

池波正太郎原作の「その男」を観てきました。
ラサール石井監督・上川隆也主演・音楽は上妻宏光
・・・実は、音楽担当が津軽三味線の上妻氏というところにまず惹かれたのです。
不勉強な私は原作を読まぬまま、池袋の東京芸術劇場に向かいました。

平日昼間の公演ながら、841名収容の中ホールは8割近くが埋まっていました。
上演時間をチェックしたら、おおっ!13時開演で終演が16時40分。
3幕、3時間10分、役者さんも大変だけど、観る方も体力勝負です。

ストーリーは、幕末から昭和初期にかけての杉虎之助という剣士の一代記、なのです。
誰もが大きな渦に飛び込んで生きようとしている激動の時代に、虎之助は傍観者としての生を送ります。
虎之助の親友は、薩摩藩士と、幕府に命を捧げる剣士。
そんな人々の中にありながら、育ての親である隠密、池本茂兵衛の「生きよ」という言葉に従い、虎之助はどこにも属さず「ひとりの人間」として生きる道を選びました。
最後のシーンは、二二六事件の年。

今まで映画化も舞台化もされたことがなかったのだそうですね。
主人公が活躍しないのだから、難しいことは容易に想像できます。
ラサール石井氏演出の舞台は始めて観るけれど、展開がスピーディでメリハリがあり、とても楽しく(飽きずに)楽しめました。

東京での公演は4月26日まで。
当日券も少しならありそうです。

|

« - Valkyrie - | Main | PNAJ数秘ライブクラス(ベイシック)報告 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56568/44698362

Listed below are links to weblogs that reference その男:

« - Valkyrie - | Main | PNAJ数秘ライブクラス(ベイシック)報告 »