« 個人セッション  - 魂の使命 - | Main | その男 »

April 13, 2009

- Valkyrie -

貯めたポイントを使って、新宿ピカデリーで Valkyrie を鑑賞してきました。
折しも RedCliff2 の初日だった。
朝から映画館は混んでいたけれど、皆さん赤壁狙いかしら。

さて、Valkyrie は、最後のヒトラー暗殺未遂事件を題材にした映画です。
1944年7月20日にヒトラーがこもる大本営「狼の巣」で仕掛けた暗殺は、ヒトラーの命を奪うことはできず、処罰された人数は何と4,000名に及んだそうです。
関わりを疑われて自殺を余儀なくされた人々の中には、「砂漠の狐」ことエルヴィン・ロンメル元帥もいたのだって。

主演がトム・クルーズということから、笑顔のさわやかなドイツ軍人なんぞを想像していた私。
が、意外にも真面目で淡々としたストーリーでした。
予告編の方がよっぽど扇情的で思わせぶりです。

反逆者となる道を選んだ人々に共通するのは、祖国ドイツへの深い愛。
敗戦が確実な状況の中で「ヒトラーのドイツ」として敗戦を迎えたくないという切望が、無謀な暗殺計画「ワルキューレ」を進めさせたのですね。
ワルキューレが失敗して9ヶ月後、ヒトラーはベルリンで命を絶ち、ヒトラーのドイツは消滅しました。

心に残る良い映画でした。
サイトはこちらから。

|

« 個人セッション  - 魂の使命 - | Main | その男 »

Comments

戦争ものを見るのは勇気がいるな。。。

トム・クルーズ、わりと好きだし、旦那も映画好きなので、DVDになったら見たいと思います。

ありがとう~。

Posted by: ラフォ | April 13, 2009 at 04:04 PM

確かに軍人ばっかり出てくるんだけど、あまり「戦争」っぽくなかったよ。

DVDになったら、ぜひ~slate

Posted by: emizo | April 14, 2009 at 03:23 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56568/44658030

Listed below are links to weblogs that reference - Valkyrie -:

« 個人セッション  - 魂の使命 - | Main | その男 »