« ムサシ | Main | 波動調整 - アセンションマスター - »

March 18, 2009

- Changeling -

クリント・イーストウッド監督、アンジェリーナ・ジョリー主演の「Changeling」を観てきました。

1928年に起こった事件の映画化、誘拐されて戻ってきた少年は別人で、息子を捜し続ける母親の苦難と仰天の真実、なのですが。
予告編では想像できなかったけれど、いやはや陰惨で重たいストーリーなのですわ。
腐りきった警察の横暴、子供を誘拐して切り刻む牧場主、真実が暴かれてもスカッと解決するわけではなく、ある意味で救いのない物語でした。
PG-12
指定(12歳未満の鑑賞には適していない部分があり、成人保護者の同伴が適当)なのもごもっとも、という感じです。

しかしながら2時間22分の間、ぐいぐいと心をつかむ演出は流石です。
ほとんどの場面でアンジーは泣いていて、それでも絶対にあきらめない強さが光っていました。
ローラースケートで職場(電話会社)を走り回る場面が印象的だったけれど、本当にそういう習慣があったのだそうですね。

そして、長老派教会の牧師を演じたジョン・マルコヴィッチ、スクリーンから熱気が伝わってきました!

決して「あー面白かった!」というものではないけれど、見応えのある作品でした。
オススメです。

|

« ムサシ | Main | 波動調整 - アセンションマスター - »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56568/44389316

Listed below are links to weblogs that reference - Changeling -:

« ムサシ | Main | 波動調整 - アセンションマスター - »