« 波動調整 -ハーモニーテラ- | Main | 第2回ワークショップ開催のお知らせ »

December 09, 2008

太鼓たたいて笛ふいて

紀伊國屋サザンシアターで、こまつ座の「太鼓たたいて笛ふいて」を観劇してきました。
作家の林芙美子氏の一代記です。
改めて年表を眺めてみると、この方は波瀾万丈の生涯を駆け抜けたのだなあ~、という思いがひしひしと。
体一つで運命に斬り込んでいく、全力で「今」を生きた方なのですね。
写真が捉えた芙美子は、自分をしっかりと持った男前な印象です。

舞台は、すっごく面白かった~!!!
芙美子を演じる大竹しのぶはどんぴしゃの当たり役だし、脇を固める木場勝己・梅沢昌代・山崎一・阿南健治・神野美鈴の面々、きっちりと舞台を締めてくれていました。
音楽劇なので歌があるのだけど、皆さん歌もお上手です。

上演は、新宿の紀伊國屋サザンシアターで12月20日まで。
ご都合のつく方は、ぜひ足を運んで下さいませ。
こまつ座公式サイトはこちらへ。

|

« 波動調整 -ハーモニーテラ- | Main | 第2回ワークショップ開催のお知らせ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56568/43335925

Listed below are links to weblogs that reference 太鼓たたいて笛ふいて:

« 波動調整 -ハーモニーテラ- | Main | 第2回ワークショップ開催のお知らせ »