« October 2008 | Main | December 2008 »

November 2008

November 25, 2008

パス・オブ・ミスティック

11月23・24日に開催されたPNAJ主宰のワークショップ「パス・オブ・ミスティック」に参加してきました。
講師はDASO斎藤、カードは「Transformation Tarot」(80年代に作られたOsho Neo Tarotの復刻版)を使いました。
Transformation Tarot(変容のタロット)は、禅・ブッダ・キリスト・スーフィに関する寓話が描かれた60枚のカードで構成されています。
それぞれの寓話は深遠で、解説書を読むだけでも心の深いところが動かされます。
今回のクラスでは、さまざまなエクササイズや瞑想を通して、このカードを日常の中に取り入れて親しくなる練習をしました。

今まで使い方が全くわからなかったこのカード、想像以上に面白いです!
カードの寓話が心の中に響いていくと、展開されたカードが繋がって一つの流れが見えてきます。
参加者の感性や表現を皆で分かち合い、とても密度の濃い2日間となりました。
ワークショップは終わったけれど、カードと仲良くなるための宿題をたくさんもらった気分。

「Transformation Tarot」は現在のところ絶版になっているそうです。
お持ちの方は、ぜひぜひ親しくなって下さいね!
静かで豊か、心の奥深くで変容と成長をもたらすカードです。

1日目の宿題が、暗喩(メタファー)を使って寓話を作ってくるというものでした。
暗喩の素材は身の回りにたくさんあるけれど、いざ捕まえるとなるとなかなか難しい。
とても楽しい作業だったので、ほかのお題でも書いてみようと思います~。
私の作ったお話は以下です。

~~ 楽しみ ~~
彼は貧しい農民の息子として生まれた。
幼いうちに一家の稼ぎ手の父親を流行病でなくし、病弱な母親と6人の弟妹への責任がずしりと彼の肩にのしかかった。
彼は特に不満を言うわけでもなく、黙々と家族の世話をしてその生活を支えていた。
都会へ出て行った若者をうらやましく思うこともあったが、生まれついての農民で無学な彼にできることといえば、畑を耕し蚕の世話をすることだけだったのである。
やがて、彼の育てた蚕から作る織物がたいそうな評判となり、都の商人や貴族の姫君が競って買い求めるようになった。
彼の家族も彼の村も見違えるように豊かになったが、彼自身は相変わらず黙々と働き続けたし、息子や娘たちも働き者だったので、織物の評判は高まるばかりである。
織物の評判は遠い異国にまで届くようになり、傾きかけていた彼の国にたくさんの金貨がもたらされた。
そんなある日。
王様からの使者が村を訪れ、彼は王様に会うために宮殿へ出かけていった。
彼の謙虚な人柄に感じ入った王様は、湖畔の離宮を与えて「おまえは十分に働いた。これからはここで人生を楽しむが良い。」と命じた。
1年後、離宮を訪れた王様は、離宮のみごとな庭園が一面の畑になっているのを見て仰天した。
彼は言った。
「王様、楽しみとは一体何なのか私にはわかりません。ただ、畑仕事をしていると心が豊かになり、とても安らぐのです。」

| | Comments (2) | TrackBack (0)

瞑想会

久しぶりに七空さんの瞑想会に参加しました。
メンバーは7名、初めてお目にかかる方もいるのだけど、こういう集いで出会う方とは何らかのご縁があるみたいです。

今回のメニューは、

☆自己ヒーリングのためにチャクラをピカピカにする瞑想
☆地球(マザーガイア)と繋がるグラウンディングの瞑想
☆伊弉諾尊・伊弉冉尊と繋がる瞑想

こんな感じでした。
チャクラの瞑想をしているとき、初めてアーススターとソウルスターを見ることができました。
どちらも体からちょっと離れたところにあるから、見つけやすかったのかも。

マザーガイアからは、「私はあなたを通して体験する」というメッセージをもらいました。
私はマザーガイアの一部であり、マザーガイアは私の中にある、という感覚でもあります。

伊弉諾尊・伊弉冉尊との瞑想では、海辺(または湖畔)に佇む私を発見。
水面は今にも何か出てきそうに、ぐるぐると大きな渦巻きになっています。
いざなぎさ~ん、と呼んでみるとアクアマリンのような質感の龍が私の隣に出現。
いざなみさんはどうやら、渦巻きになっているようです。
「新しいものは常に混沌の中から生まれる」と言うメッセージをもらったので、私の混沌から何が生まれるのでしょう?と問いかけてみました。
それについての回答はなかったけれど、ふと見ると龍が前肢で水晶玉を抱えていることに気づきました。
もしかしたら水晶玉をもらえるのね!!とワクワクしたら、水晶玉は水中にホイッと投げ込まれました。
あれ~~~~
そんな感じの体験をしました。

七空さんのミニチャネリングでは、伊弉諾尊から「自分から楽しみを見つけに行きなさい」という助言をもらいました。
写真を撮ろうという思いが浮かんだので、まずはデジタル一眼レフからかしら(形から入る私)。



| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 19, 2008

- Red Cliff part1 -

Red Cliff part1 を観てきました~!!
水曜日は女性は千円で映画鑑賞ができるのですねえ。
すっかり気に入ってしまった新宿ピカデリーで、快適なひとときを過ごしました。

ストーリーは「三国志」の中から、私ですら知っている「赤壁の戦い」。
魏の曹操と、蜀の劉備・呉の孫権連合軍が激しくぶつかり合うのです。
そして語るのは「白髪三千丈」の中華の人たち。
これはもう、話は壮大に感動的に美しく広がることは間違いなし。

いやー、面白かったよう。
呉の周瑜役はトニー・レオン、蜀の諸葛孔明役は金城武、かっこいいっす。
蜀の関羽役のバー・サンジャプさんは、初めてお目にかかるけれど存在感が素晴らしい。
三国志の予習(復習)が必要かな~と思ったけれど、白紙の状態で臨んでも皆さん楽しめます。
part 2 公開は、2009年4月だそうです。

そうそう、蜀の武将趙雲の愛馬は「白龍」という名前なのです。
バイローン!!

公式サイトはこちらへ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 14, 2008

表裏源内蛙合戦

井上ひさし脚本・蜷川幸雄演出の音楽劇、「表裏源内蛙合戦」を観て来ました。
場所は渋谷のシアター・コクーン、開演(開場じゃなく)は何と何と18時30分なのです。
もしかしたらすごーく長いのかも知れない・・・しっかり夕食を食べてコクーンに乗り込んだのでした。

さて、シアター・コクーンは超満員。
上演時間をチェックしてみると、終演22時40分だって!!
パンフレットとエコバッグ(かわいい)を購入して席に着くと、立ち見のお客さんもいます。

物語はタイトルどおり、平賀源内の一代記です。
脚本は1970年のもので、何というか井上氏の体力を全て込めたぞ!という感じの駄洒落と語呂合わせとギャグがこれでもかと散りばめられています。
ちょっと長いなーと感じる場面もありましたが、笑いだけではなくしんみりとさせる場面もあり、とても良い舞台でした。
腰は痛くなったけどね。


Bunkamuraのサイトはこちらへ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 05, 2008

七空さんのチャネリング(2回目)

ほぼ1年ぶりに、七空さんのチャネリング・セッションを受けてきました。
昨年(初めて)のセッションでは七空さんとも初対面だし、チャネリング自体も初体験だし、とにかく緊張してうわずっていたのでした。
その後さまざまな体験をして、1年後の私はずいぶん変わったように感じます。

さてさて、今回のセッションは・・・・・

七空さんの第一声が「こびとさん、たくさんいますね~」でした。
前回もこびとさん(ドワーフとか子鬼)の存在を指摘されていましたが、その後も活躍を続けています。
今では、夜中に家の周囲を巡回するこびとさんたちをはっきりイメージできるようになりました。
こびとさんたちは現世的な御利益を与えてくれるわけではなく、黙々と自分たちの仕事をしているみたい。
私と一緒にお出かけもするので、お目にかかる方も「こびとさんの雰囲気」を感じていただけるはずです。

そしてタロットについての話題に移り、深い洞察に満ちた内容が語られていきました。
つい「今はどなたが話しているのですか?」と訪ねてみたら・・・
七空さんから返ってきたのは、「タロットの精霊とでもいうべきエネルギー」を代表して「隠遁者(隠者だね)」のような姿の存在がレクチャーしている、という答えでした。
これにはとても驚いたし、私が感じている以上にタロットとの縁は深いのかも知れません。
メルキゼデクも同席しているそうで(絵姿もあった)、何だか感激!!なのです。

その他にも、たくさんの知恵やヒントや具体的なアイディアをもらいました~。
近いうちに現実化できる(と思う)ので、その都度ご紹介していくつもりです。
このところ、私の体験や得た真実は私だけのものではないと強く感じているので、どんどん機会を作って多くの方と出会いたいと思っています。
セッションとかレッスンだけじゃなく、茶飲み話も大歓迎です~。

打てば響くように答えの返ってくる七空さんのチャネリングは、暖かくて前向きでとても勇気づけられました。
心からの感謝を込めて。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 04, 2008

自分をいたわること

先日、2年半ぶりにフェイシャルのトリートメントを受けてきました。
以前は月に1~2回、けっこう遠くのサロンまで通っていたけれど、環境の変化などで疎遠になってしまったのです。

トリートメント中は、もちろん至福のひとときでした。
が、帰宅後はだるさと喉の痛み(風邪は引いていないはずなのに)をおぼえ、バイロンと一緒にたくさん昼寝をしました。
何でだろう?と思い巡らしていたら、ようやく気づいたのです。
自分の体調もわからないほどこわばっていた私、トリートメントで心も体もほぐれて、体の声に耳を傾けられるようになったのですね。
ふだん、自分のペースで焦らず進んでいると思っていた私、実際は焦りまくって余裕がなかったのかも知れません。
ごめんね、私。
自分をいたわり休ませることって必要だな~、と痛感いたしました。

サロンにはしばらく通うつもりなので、見てろよー一年後!!!という感じでもあります。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« October 2008 | Main | December 2008 »