« 大いなる陰謀 -Lions For Lambs- | Main | チャネリングレッスン修了! »

May 10, 2008

わが魂は輝く水なり-源平北越流誌-

シアターコクーンで、わが魂は輝く水なり-源平北越流誌- を観劇してきました。

清水邦夫原作、演出蜷川幸雄、主演は野村萬斎と尾上菊之助。
平安末期の源平合戦で活躍した武将、斎藤実盛を描いた幻想的でやや悲しい舞台でした。
実盛(萬斎)の息子である五郎(菊之助)は父の元を出奔し、敵方の木曾義仲一統に身を寄せていたものの不慮の死を遂げ、今は亡霊となり実盛に付き添っているのです。
・・・えーっ?菊之助は亡霊なんだね~。
実盛に五郎は見えるし話もできるけれど、他の人には五郎を見ることができません。
「生き残った父」と「死んでしまった息子」のふたりが醸し出す叙情的なしみじみ感が、とても良い感じでした。

さて、プログラムを読むと、作者が本当に描きたかったのは木曾義仲の軍勢だったのだって。
鬼神のように突き進む木曾軍は、誰もが狂気と激情に突き動かされているようで、いったい何が本当なのかわからなくなります。
激しい合戦の場面も多く、それはそれは見応えがありました。

公演は5月27日まで。
機会があったら(当日券でも!)ぜひ観に行ってね。

|

« 大いなる陰謀 -Lions For Lambs- | Main | チャネリングレッスン修了! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56568/41158345

Listed below are links to weblogs that reference わが魂は輝く水なり-源平北越流誌-:

« 大いなる陰謀 -Lions For Lambs- | Main | チャネリングレッスン修了! »