« March 2008 | Main | May 2008 »

April 2008

April 30, 2008

方向性?

これからのセッションの方向性について、ちと考えておりました。

現在は、数秘&Osho禅タロット、オラクルカード、ドニパドロ、グリーンマン・エッセンス等、分かれた構成になっています。
「各種ご要望にお応えします」というと聞こえは良いけれど、セッションするのは私一人だし、クライアントさんそれぞれが求めることって、実のところそんなに大きな違いはないのですね。

いろんなことを学んで身につけて来て、「じゃあ、私はどんな風にしたいの?」と自分に問いかけていたら、何となく答えが浮かび上がってきたようです。
キーワードは「統合」かな。
もちろん、それぞれのツールと向かい合う基礎や姿勢は、とっても大切です。
例えば数秘なら、数のエネルギーやチャートを読むことをおろそかにはできません。
その人の本質と「今」をしっかり読み、その上でもっと大きな「全体」を意識したいというか・・。

大ざっぱに言っちゃうと、数秘&タロットのリーディングをベースに、チャネリングなど他のツールも使っていこう!というものです。
まだ準備中ですが、セッションは1種類、時間は60分と90分の2本立てにしようと思ってます。
きちんとメニューができたら、ブログでも紹介します。

ご興味のある方は、ご連絡くださいね!

| | Comments (13) | TrackBack (0)

April 26, 2008

クリスタルセミナーレベル3・4

0420 4月19日・20日にMoonDropで開催された、クリスタルセミナーレベルⅢ・Ⅳに参加してきました。
講師は、Space Seedの宇田和弘氏。
レベルⅠとⅡを受講してから1年以上が経っているので、以前のテキストを読み返して見ました。
・・・反省。
私ったら、学んだことを何一つ生かせていないような気がするの。
意味もなく石好きなので、身の回りでクリスタルたちは遊んでいるのだけどね。

というわけで、ちょっと力んで出かけた今回の私でした。
セミナールームでは、美しいクリスタルたちが圧倒的な存在感で出迎えてくれました。
毎度のことながら、クリスタルを見つめているだけでエネルギーに巻き込まれ、ボンヤリしてしまいます。
2日間を通して、充実した講義と、エネルギーを体験する実習を堪能いたしました。
このところ変化続きの私、選んだクリスタルたちから的確なメッセージを受け取りました。
自分で気づかないことまで指摘されてしまい、たじろいでしまった。

写真は、最後に作成したグリッドです。
下から、レインボーヘマタイト・アストロフィライト・ラピスラズリ・ターコイズ・アポフィライト・トルマリンクォーツ・クンツァイト・ハーキマーダイヤモンド。
これからこの道筋を辿って生きようという、決意表明でもあるのです。

4回のコースを終えて、Crystal Masterとしての修了証をいただきました。
まだまだ私は、クリスタルの世界に足を踏み入れたばかり。
手元にタンブル(42種類ありました!)を揃えたので、モニターになって下さる方を募集します。

数秘&Osho禅タロットリーディングをお申し込みの方に、クリスタルリーディング(20分)をプレゼントいたします。
クリスタルリーディングは、もちろん無料!です。
7月頃までの期間限定なので、お早めにどうぞ。
お申し込みは、emi's garden のフォームからお願いいたします。

| | Comments (17) | TrackBack (0)

April 21, 2008

ドニパドロ・ヒーリング

まんだらや密教研究所で、「チベット波動ヒーラー養成講座」を受講しました。
ドニパドロ(シンギングボウル)を使ったヒーリングの技術を学ぶだけかと思いきや、講師である高野山真言宗阿闍梨 小林宗峰師の膨大な知識と体験を、ずぶの素人(私)に惜しみなく分け与えてくれるという、たいへん贅沢な講座だったのです。
受講期間は約2ヶ月半、高密度でヘビーな日々を送りました。

そもそも「密教」とか「真言」という言葉にすっごく興味を持ちながら、誰かに手引きしてもらったことのない私。
たいへん新鮮でありながら心の深い部分で共鳴する・・・そんな体験でした。
阿闍梨からは、まるで滝のようにさまざまな情報が溢れ出します。
私の脳みそでは受け止めきれないほどの情報量で、それでも「現実」が纏っているベールを1枚ずつ慎重にめくっていく体験を味わいました。
西洋的な二元論にどっぷり染まっていた私にとって、密教的な考え方やものの見方は、とてもとても衝撃的。
ものごとを「?」という視点から探っていくと、暗喩やシンボルが浮かび上がって思わぬ真実を見出すのです。

阿闍梨が垣間見せてくれた世界を、これからどんな風に探求していくか?
冒険への旅立ち!という感じで、とてもワクワクしています。
セッションなどで、皆さんへもシェアしていくつもりです。

ドニパドロ・ヒーリングを始めました。
クライアントさんの周囲にドニパドロを並べて響きを堪能していただくのですが、これがまた!体も心もホヨホヨにほぐれる驚きの体験なのです。
詳しくは、emi's garden でご覧下さい。
ぜひ体験なさって下さいね。

| | Comments (17) | TrackBack (0)

April 15, 2008

PNAJ数秘ライブクラス・ベイシック

{{{お知らせ}}}
やる気十分の企画だったのですが、都合により9月に延期になりました。
興味を持って下さった方々、ごめんなさい。
数秘の入門講座(基礎の基礎)など、少人数から開催いたします。
ご希望の方は、どうぞお知らせ下さいね。


ピュタゴラス数秘学アカデミージャパン(PNAJ)主催の数秘学講座(ライブクラス)のご案内です。

数秘に興味のある方なら、どなたでもご参加いただけます。
全くの初心者でも、ご安心下さい。
数のエネルギーを体験するエクササイズ、参加者同士のリーディング練習、体を動かす瞑想等々・・・、楽しく数秘を学んでいただく2日間です。
参加者同士の交流も、とても楽しみ!なのです。
自習に役立つテキスト付きです。
講師はPNAJマステリーコースを修了した、TomokoとEmi(私です)の2名です。

日 時 : 5月24日(土)・25日(日)
       10時~17時

場 所 : 東京都杉並区内

費 用 : 52,500円(テキスト代込)


お申し込みやお問い合わせはPNAJまたはpostmaster@emizo.pekori.toまでお待ちしています。

| | Comments (21) | TrackBack (0)

April 08, 2008

「リーディング」と「占い」

スピリチュアルなことに興味を持って学び始めてから、6年ほど過ぎました。
子供の頃から、テレビの「心霊特集」とか大好きでした。
が、あくまでも「怖いもの見たさ」の域を出ない、普通の(むしろ鈍い)人だったのです。
大人になってからそれなりに不幸を経験したけれど、そこから何かを得ようとすることもなく、目先のことに囚われる時が長く続きました。

そんな私が、アレックスの病気をきっかけに「目に見えない何か」の存在を感じるようになり、いろんなセッションやワークショップに首を突っ込むようになったのです。
今思い返せば赤面ものですが、スピを学ぶと「特別な人」になれるような気もしていたのですねえ。
目に見えない領域を学び体験していくことは、現実に生活している自分自身をよーく見つめることだ、ということを知りました。
そして、私の前に開ける世界はどんどん広大になり、さまざまな魅力的な謎をちらつかせるのです。

主に私は、数秘やカードのリーディングを行っています。
リーディングとは文字通り、数やカードから得た情報を「読む」ことです。
受け取った情報は私の中にある言葉で表現され、良い・悪いや正邪の判断は付け加えません。
その情報をどのように生かすか、本人(クライアント)次第だからです。
未来がわかる「占い」とはちょっと違うのですね。

だから、セッションの度に「占いではありません」とムキになって説明してきました。
それがつい最近、「占ってほしい」でも良いのよね、と思えるようになったのです。
必要な情報を受け取ってもらえれば、それ以上望むことはないんだものね。
何だか、私の頑なな執着を一つ手放せたようです。

| | Comments (31) | TrackBack (0)

April 02, 2008

スペースクリアリング・ベル

注文していた、スペースクリアリング・ベルが届きました。
とってもワクワク~。

きっかけは、カレン・キングストン著「ガラクタ捨てれば自分が見える」「ガラクタ捨てれば未来がひらける 」を読んだことでした。
ちょうどエルモリヤの後押しもあり、お片付けへの情熱は一気に高まり、何だか楽しくてたまらない状況なのですわ。
ガラクタを片付けて空間がすっきりしたところで、ベルなどを使って浄化のセレモニー・・・という流れなのです。
カレンは、バリ島の僧侶たちが使うグレードのベルを使っているそうです。
その音色と効果のすばらしさについて、本の中で熱く熱く語られているので、どうしてもベルを鳴らしたくなってしまったのです。
「スペースクリアリング・ベル」で検索すると何種類かヒットしたのだけど、どうも何か違うような感じがして。
結局、カレンのオーストラリアのサイトから購入しました。
待つこと約10日間。
手元に届いたベルを鳴らすと、透明で深い音の波紋が広がっていきます。
音の輪っか(?)がほとんど見えるようで、素晴らしいの一言。

スペースクリアリングの儀式はフルに行うと大がかりで面倒ですが、窓を開けてベルを鳴らすくらいでも、十分に清々しさが味わえます。
カレンによると、掃除機をかけることも手っ取り早いクリアリングなのだそうです。
だから掃除のあとにベルを鳴らすと、なお一層スッキリしますね。

音の出るものとしては、ティンシャ(チベッタン・ベル)やチューナー(音叉)も好きで使っているし、最近はドニパドロ(シンギングボウル)に目覚めてヒーリング・セッションを始めたところです。
音は、難しい理屈抜きに「ただ耳を傾けて浸る」だけで作用してくれるので、素晴らしいツールです。
身の回りに溢れている音と、上手に仲良くしていきたいものです。

| | Comments (32) | TrackBack (0)

« March 2008 | Main | May 2008 »