« OSHO禅タロットマステリーコース | Main | 数秘ライブクラス「最新の数秘学」 »

November 16, 2007

カリギュラ

ニナガワの新作「カリギュラ」を観に、シアターコクーンへ出かけました。
不条理(私にとっては難解だ)の巨匠、カミュの戯曲を蜷川幸雄が演出。
いやー、これは手強そうですな。
私の中にあるカリギュラのイメージは、ネロよりもアブナイヤツ、という感じです。

プレオーダー(先行抽選予約)で手に入れたチケットを握りしめシアターコクーンに到着すると、そこはすでに大勢の人でひしめき合っていました。

入り口には
「本公演のチケットをお持ちでない方で、プログラム購入をご希望の方は、開演後に係員がご案内いたしますのでお待ち下さい」
という旨の看板が置かれていました。

えっ?
こんな貼り紙、初めて見ました。
席について周囲を見渡すと、見事な満席。
さらにさらに、立ち見席も満席なんですねえ。
主役の小栗旬くんの人気、なのかなあ。

肝心のお芝居、たいへん難しいお話でした(面白かったけどね)。
カリギュラは、恋人でもあった妹が死んでから無茶苦茶になるのですが、彼は狂気に駆られているわけではないのです。
全ての場面が哲学的な論戦で、集中していないとついて行けなくなってしまう。
俳優さんは(それが商売だけど)、たいしたものだなあ。

たぶん、全日程Sold outだと思うけれど、興味を持たれた方は当日券でチャレンジしてみて下さい。
休憩を入れて3時間20分の長丁場、とても充実した舞台ですよ!!!

特集サイトはこちらへ。

|

« OSHO禅タロットマステリーコース | Main | 数秘ライブクラス「最新の数秘学」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56568/17076425

Listed below are links to weblogs that reference カリギュラ:

« OSHO禅タロットマステリーコース | Main | 数秘ライブクラス「最新の数秘学」 »