« 数秘&タロットプロフェッショナルトレーニング | Main | 数秘&タロットプロフェッショナルトレーニング報告 »

September 19, 2007

手のりラブ

先週の火曜日に去勢手術をしたバイロン、2日ほどエリザベスカラーを着けてブルーな日々を過ごしました。
画像を見ればわかるけれど、鬱陶しいわ嵩張るわで気の毒になってしまいます。
3日目の朝にカラーを脱がせてみたら、バイロンは晴れ晴れとした笑顔になりました。
傷口も気にしないようで、一安心です。
そして、1週間経った18日の朝、無事に抜糸できました。

皮膚の病理検査の結果は、結論から言うと「よくわからん」ということみたい。
炎症はひどかったけれど、はっきりした原因と病名が特定できませんでした。
一番状態が悪かったのは8月中旬でしたが、今は何となく改善して来ています。
ハゲハゲになった背中の毛もちょっとずつ復活。
食物アレルギーという疑いもあるので、現在「ラム&ライス」を食べているけれど・・・関係あるのだろうか?
まだカユイカユイもあるので、抗生剤を投与して推移を観察することにしました。

ところで、バイロンの体重は生後7ヶ月半で約17キロです。
男の子でこんなに小柄なラブに、会ったことがありません。
アレックス兄ちゃんは同じ頃とっくに20キロを超えていたし、大人になってからは35キロの大男でした。
バイロンは、どうだろう?
20キロを超えるかなあ・・・・・。

アレックス兄ちゃんがお空に帰って9ヶ月経ったある日。
「そうだ、もう1回ラブと暮らそう!」と決意した私に友人たちは、
「もうちょっと小さい犬の方が良いんじゃない?」
「ラブ飼うんだったら、おとなしい女の子にしたら?」
という、ごもっともなアドバイスをしてくれました。

オリバーがちょっと立ち寄って、それからバイロンがやって来ました。
どんなに大きくなるかと、ワクワクしていたものです。

で、5ヶ月経った今、バイロンは「手のりラブ」だと判明しました。
うちには、小さくておとなしい犬が来ることになっていたみたいです。
小さいと、扱いが楽です。
小脇に抱えて階段を下りられるし、いきなり飛びつかれてもひっくり返ったりしません。

バイロンの兄弟たち、みんな小柄なのかな?とちょっと気になります。

|

« 数秘&タロットプロフェッショナルトレーニング | Main | 数秘&タロットプロフェッショナルトレーニング報告 »

Comments

「手のりラブ」うちにも欲しいなあ。

小脇に抱えて階段を下りるのをやってみたいです。耳がパタパタしたりして。。。

Posted by: ラフォ | September 19, 2007 at 09:46 PM

手乗りラブ(^o^)
バイロンさん可愛いですね~♪
うちのウィンディもバニにしては大人で40kgと
少し小さめなんですよ。
さすがに手乗りバニにはなりませんでしたが(^^;
カユイカユイは早く治るといいですね。

Posted by: みーこ | September 20, 2007 at 08:53 AM

ラフォちゃん

こわきにかかえてもらうと、バイロンうれしくてガブガブかみついちゃうんだよー

Posted by: emizo | September 20, 2007 at 09:26 PM

みーこさま

うちの子になってしまえば、「世界一かわいい子」ですよね。

ウィンディちゃん、40キロですか!
バーニーズは毛がふかふかしてるから、ずいぶん大きく感じるだろうなあ。

Posted by: emizo | September 20, 2007 at 09:30 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56568/16501130

Listed below are links to weblogs that reference 手のりラブ:

« 数秘&タロットプロフェッショナルトレーニング | Main | 数秘&タロットプロフェッショナルトレーニング報告 »