« エンジェルカード | Main | 夏が来た! »

July 23, 2007

数秘ライブクラス「シンボルと数」レポート

7月21日と22日、地元の方南会館で数秘のライブクラスが開催されました。
今回のテーマは「シンボルと数」。
前回のライブクラス「音と数」から繋がるテーマです。

PNAJの生徒は、通信教育で勉強しています。
ライブクラスは、滅多にない仲間との顔合わせの機会でもあり、ティーチャーのDASOと会う機会でもあります。
普段はメールでやりとりしているDASOってどんな人だろう????、みんな楽しみにしてやって来ます。
遠方からわざわざ来てくれたメンバーもいて、少人数ながら密度の濃い2日間を過ごすことができました。

どんな展開になるかわからないライブクラス。
今回も、さまざまな瞑想やエクササイズを行いました。

自分のチャートを書いてみて、それを「絵として」眺めるワークをしました。
すると「数」として見たときと、がらっと印象が変わってしまうのが不思議な感じ。
直線だけで作られた数(1、4、7)、曲線だけで作られた数(3、6、8、9、0)、直線と曲線で作られた数(2、5)・・・例えば、こういう風に意識的に見るとかね。
みんなでチャートを眺めながら、あれこれと感じたことを話していくと、目から鱗がボロボロ落ちていくような。

「神聖幾何学」の図形も描きました。
コンパスと定規を使って、円と正方形を重ね合わせて描いていきます。
私は、描いているうちに目が回って訳がわからなくなってしまいましたが、他のメンバーからは「すっごく楽しい」という声があり、びっくり。
感じ方は、人それぞれなんだねえ。

それから、トピックです。
DASOから、主要な数の計算法を一部変更する、と発表がありました。
今までの方法と比べて「その人のエネルギーを、より的確に表す」という理由なのですが、丁寧な説明を受けて納得しました。

しかし。
私のチャートも今までは軌道数2だったのが、何と何と

軌道数11

に変わってしまいました。げっ。

11には2の要素も含まれているから、全く別の読み方をするわけではありません。

2は、陰・受容性・協調性・平和・流れに身をまかせる
11は、直感・洞察・感応力

数のキーワードには、こんな違いがあります。
私にとっては、2を(ある程度)理解してから11に出会った、という感じです。
まだ見慣れぬ自分のチャートを眺めて、ううむ・・・と考え込んでおります。
どなたか、私にリーディングして下さい。


東京で次回開催されるライブクラスは、10月以降の予定です。
次回のテーマは「最新の数秘学」、いろいろな知識に触れたり刺激を受ける2日間となりそうです。

ライブクラスにご興味をお持ちの方、数秘を学んでみたいと思われた方は、お気軽にメッセージをお送り下さいね。


|

« エンジェルカード | Main | 夏が来た! »

Comments

ええええ、計算の仕方が変わったのって、MLに流れました?

私がリーディングしても良いですけど、他にもっと力のある方がいそうなので(汗)、自分から申し出るのは、今のところ、控えておきます。

それにしても、直線と曲線の定義は?

神聖幾何学、やってみたかったなあ。

ライブクラス、ご苦労さまでした。

Posted by: ラフォ | July 23, 2007 at 09:43 PM

ラフォちゃん

計算法の詳細については、近々MLに流すそうです。
mixiにメッセージ送るね。

Posted by: emizo | July 25, 2007 at 04:27 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56568/15853884

Listed below are links to weblogs that reference 数秘ライブクラス「シンボルと数」レポート:

« エンジェルカード | Main | 夏が来た! »