« さくらのおうち | Main | リコネクション »

April 07, 2007

朝倉くん

Asakura

冬の間、ずーっと元気がなかった朝倉くんが元気を取り戻しました。
うちに来たときは枯れ木同然の見かけ(冬だから仕方ないんだけどね)、毎日声をかけてもちっとも反応してくれなかったのです。

このところ急激に春になり、朝倉くんもようやく活動を始めたようです。
枝のあちこちが何となく膨らんできて緑色になり、小さな葉っぱの形になりました。
一安心です。
これから暖かくなれば、元気にすくすくと育って行くだろうね。

朝倉くんは、トゲのない種類の山椒です。
新緑の季節には、タケノコなどの合いの手として葉っぱが大活躍し、秋には実がなる予定(この朝倉くんは、雌なので)です。
山椒の葉っぱは、アゲハの幼虫の大好物でもあります。
今年はアゲハちゃんを養ってあげられないから、来年以降、朝倉くんがもっと大きくなってから来てくれると良いなあ。


|

« さくらのおうち | Main | リコネクション »

Comments

立派な葉っぱですね~。

でも、朝倉くん、幼虫にかじられても大丈夫なの???

Posted by: ラフォ | April 07, 2007 at 09:10 PM

どうして朝倉君という名前が・・・?

山椒やミカン類にはアゲハが来ますね。
でも卵からかえったとたん、猛烈な食欲です。
我が家では小さな鉢植えのミカンにアゲハちゃんが来て、
生育に葉っぱが追いつかず、もらい葉っぱしていたことがありました。

Posted by: 隣の私 | April 07, 2007 at 09:34 PM

ラフォさま

飼い方の手引きには、「アゲハの幼虫がついたら捕殺すること」とあります。
なるべく「捕殺」したくないので、朝倉くんが大きくなって力がついてから、アゲハちゃんたちに葉っぱを分けたいと思うのだった。

隣の私さま

「朝倉」という種類の山椒なので、「朝倉くん」と名付けました。
アゲハちゃんも蝶々になったときは美しいので、悩むところですよね。

Posted by: emizo | April 07, 2007 at 10:11 PM

やっぱ、駄目よね。。。。

実家の八朔の木は、アリの軍団にやられているので、アゲハの幼虫もそれなりに生かされていますが、文旦は豊作の木なので、容赦ないうちの母のおかげ(?)で、アゲハが飛ぶことはありません。

Posted by: ラフォ | April 09, 2007 at 07:21 AM

イモムシちゃんたちは、ハーブなんかも大好きなんだよね。
彼らは彼らの仕事をしているだけなんだけどねえ、うまくいかないものだ。

ラフォさんのご実家では、ハッサクや文旦が採れるんだね!

Posted by: emizo | April 09, 2007 at 05:07 PM

ハーブは虫がつかないと思い込んでいました。思い込みって怖いわ。。。

自然農だと、虫は野菜の弱い部分だけを食べてくれる。。。という発想だったような気がしますが、木につく虫は何なのでしょうね。

実家の八朔も文旦も、うまうまです。

Posted by: ラフォ | April 12, 2007 at 05:49 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56568/14574834

Listed below are links to weblogs that reference 朝倉くん:

« さくらのおうち | Main | リコネクション »