« クリスタルセミナーレベル2 | Main | クォンタム・タッチのワークショップ »

February 15, 2007

大英博物館 ミイラと古代エジプト展

上野の国立科学博物館に「大英博物館 ミイラと古代エジプト展」を見に行ってきました。
ずーっと機会がなかったけれど、今日はポカッと時間が空いたので、これ幸いと。
会期は18日までだったので、ぎりぎり間に合って良かった。

サイトを調べると、チケットは「日時指定券」と「当日券」があるらしい。
ま、終了間際だし平日だし、早めに行けばゆっくり見られるだろうと予測して、上野に向かいました。
たくさん歩くから、ナイキのハイキングシューズで武装しています。

会場に入ったらまず、大迫力の3Dムービー(3Dメガネつき)を鑑賞します。
これは、大英博物館に保管されているミイラ、ネスペルエンネブウを解明していくものです。
通常、ミイラは複数の石棺や木棺に入れられ、さらに麻布でぐるぐる巻きにされています。
CTスキャンのデータを使ってCGを作り上げて、いわば「バーチャル」な解析ができてしまうのだわ。
すごいねえ。
ミイラの包帯をばらしちゃったら、けっこう大変そうだもんねえ。

ムービーで予習したあとは、実際に展示品を見て回ります。
2000年以上前のものだとは思えないくらい、生き生きとした神々やファラオの像。
ヒエログリフはもしかしたら読めそうな感じだし、副葬品の数々はデザインが素敵でうっとり。

ムービーの主役だった、ネスペルエンネブウの木棺とカルトナージュ(布貼りの箱)も展示されています。
緻密で美しい模様、鮮やかな色彩とびっしり書かれたヒエログリフ・・・・圧倒されました。
ネスペルエンネブウは位の高い神官だったらしい。
妙に親しみを感じて、彼の生活に思いをはせたのでした。

役立つ知識も仕入れました。
ミイラの心臓の上には、スカラベをかたどった護符を置きます。
これは、死者がオシリスの前で審判を受けるときに、「私は悪いことをたくさんしました」と告白しないためのお守りなんだって。
いいなあ、私にもスカラベが必要かも知れない。

帰りに図録を購入したので、まだまだ楽しめそうです。

「大英博物館 ミイラと古代エジプト展」特別ページはこちらへ。

|

« クリスタルセミナーレベル2 | Main | クォンタム・タッチのワークショップ »

Comments

Emiさん、エジプトの過去世とかありそうですが、そういうものを彷彿させる何かはありました?

Posted by: ラフォ | February 16, 2007 at 04:48 AM

ラフォさま

う~ん。
ミイラが話しかけてきたりはしなかったけど、神官の生活にはちょっと憧れます。

Posted by: emizo | February 16, 2007 at 06:08 AM

私は子供たちが(私も)恐竜にはまっているので、博物館の常設展示の方に日曜日行きましたが、ミイラ展はすごい人でした!!私もミイラが好きなので、一人だったら見に行きたかったです☆未知のものや不思議なもの、古いものに想いを馳せるのって楽しいですね。

Posted by: ブルのハハ | February 17, 2007 at 02:46 PM

ブルのハハさま

博物館、とっても楽しいよね。
けど、食料を持って行かなかったので、空腹に耐えきれずリタイア。
常設展は見なかったのです。
時間のあるときに、お弁当を持って攻め込みたいと思っています。

Posted by: emizo | February 19, 2007 at 06:08 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56568/13926035

Listed below are links to weblogs that reference 大英博物館 ミイラと古代エジプト展:

» ナイキ シューズ [ナイキ シューズ]
ナイキのスニーカー、シューズ、サッカースパイク、バスケットシューズなどを紹介しています。ナイキのシューズが大好きです。 [Read More]

Tracked on February 19, 2007 at 11:05 AM

« クリスタルセミナーレベル2 | Main | クォンタム・タッチのワークショップ »