« October 2006 | Main | December 2006 »

November 2006

November 29, 2006

ふわふわカプチーノ

ストレスが発酵しかけてちょっとブルーな昼下がり、私は新宿伊勢丹地下2階のBPQCをさまよい歩いていました。
BOTANICALSでハーブティーを購入し、イノシシの刺繍がしてある巾着袋を手にとって周囲を見渡したとき、何か「オイデオイデ」と呼びかけるものがあったのです。

それは・・・・

牛柄のカプチーノメーカー、「Mukka Express」なのでした。
直火でエスプレッソを抽出するのと同時に、ミルクの泡立てまでこなしてしまう、感激のブツです。
店員さんに説明してもらって、考えること5分。
無事にお買い上げ後、コーヒー豆なども調達して家路につきました。

その後、毎日コーヒーを入れることが習慣になりました。
カプチーノとカフェラテ、どちらも作ることができるのです。
特にカプチーノは、蒸気のシューッという音と共にミルクが泡立っていくので、とても面白い。
ミルクが吹きこぼれる寸前に、慌てて火を止めます。
ガスにかけてから5分ほどでできあがるので、火の側を離れるのはちょっと危険ですね。

正直なところ、準備と後片付けは少々面倒くさい。
肝に銘じておくべきは、まだ本体が冷めないうちに分解して洗おうとすると、大爆発するということです。
けど、「自分のため」に手間をかけるのは、なかなかゆったりして良い気分だったりします。

メーカーのサイトBialettiへ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 21, 2006

今年もボジョレー

11月16日、11月の第三木曜日はボジョレー・ヌーヴォーの解禁日です。
かつてのようなお祭り騒ぎは見られないものの、普段ワインには興味がなくても何となくワインを買ってしまう、そんな季節の風物的なできごととなりましたね。

今年は、My Wine Clubから朝9時にボジョレー・ヌーヴォーとボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォーが届いたので、さっそく冷蔵庫に。
途中、インフルエンザの予防接種をこなしながら、新宿に向かいました。
まあ、他に用事があったのだけれど、ワインの合いの手を探しに伊勢丹に立ち寄ったのです。

・・・・・今年は、去年までとはちっと違うわ。
飲酒運転の取り締まりが厳しくなったからなのでしょう、例年人が群がっていた試飲コーナーはがら~んとしている。
去年まで楽しげに群がっていた人たちは、どこへ行ってしまったのかしら。
やや淋しさを感じながら、FLOでオリーブ、HEDIARDでエピ2種類、お総菜売り場でチキングリルのバジル風味などを購入、家路に着きました。

夜、近所の友達をうちに呼んで、ボジョレー味比べをいたしました。
どちらも若くてフレッシュ(当たり前だけど)、ぶどうジュースな感じは否めませんが、旬の味わいを堪能しました。
SALVATORE CUOMOのピッツアもデリバリーされてきて、楽しく夜が更けて行ったのでございます。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 16, 2006

体験的数秘学

先週末の2日間、数秘学のライブクラスに参加してきました。
ライブクラスは、8月以来2度目となります。
今回は、イタリアから里帰りしていたメンバーとも思いがけず会えて、とってもうれしかったのです。

「体験的」というタイトルがついているとおり、いろいろなエクササイズをとおして数秘を体で(というか)学んだのでした。

意外なほど面白かったのが、「なりきりリーディング」でした。
これは、状況や年齢などの設定を架空の人に設定して、クライアント役がその人になりきってリーディングしてもらう、というものです。
私がなりきったのは、片思いしている男性との結婚を夢見る(妄想的)恋愛経験の少ない35歳女(両親と同居)、でした。
名前は私のをそのまま使ったので、表現数・人格数・ハート数のみが実際の私と同じです。
その他の数、人生のテーマとなる軌道数やそれぞれの周期のテーマは実際の私と全く違います。

リーダー役のメンバーに、私の思いを切々と訴えてみました。
最初は片思いの彼がどんなに素敵かとか、結婚への意欲を熱く語り続けたのですが、リーディングが進むうちに、なぜか私の話の焦点が片思いの彼からも結婚からもどんどん遠ざかっていきました。
自分でも、あれっ?という感じでしたが、だんだん話をしていくと、なりきり私の心の底には「自立したい」「結婚しないと変」「結婚すれば自立できる」という安直な思いこみがあったようなのでした。

ほほ~う。
表面に出てきた思いや問題は、心の奥にある本当の思いを投影しているということが納得できました。
クライアントに対してだけではなく、自分自身を見つめるときにも大いに参考になることですね。
さらに、なりきり私と実際の私とは状況が全く違うけれど、問題を解決しようとする手口が同じ(当然だよね)なので、そこら辺も再認識です。


その他は、メンバーの感性の違いを楽しんだり感心したり、DASOから体験に基づく教えを受けることができ、充実の2日間でした。
どうもねー、こういうクラスに参加すると自分のがさつさが気になるのだけど、おそらくそれが私の個性なのだろうなあ、と何となく納得しました。


※さ、追加のアピールです。
リーディングご希望の方(ごめんなさい、女性限定だけど)は、ご一報くださいね。
だんだん良いリーディングができるようになってきている、と思います。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

November 12, 2006

アレックス天使 -by LaLa*Mariko-

アレックスがお空に行ってしまって、5ヶ月が過ぎました。
日常の生活は変わりなく流れていくけれど、ふとした瞬間にアレックスの占めていた場所を意識することがあります。
心の中では、今でもアレックスの全身を撫で回して「イイコだねイイコだね」と語りかけてしまいます。

先日、LaLa*Marikoさんに、アレックスの絵を描いていただきました。
以前からMarikoさんが描く天使とハートがいっぱいの絵を、素敵だなあと思っていました。
Marikoさんの絵には、チャネリングで受け取った天使からのメッセージがこめられています。
どの絵も優しく愛に溢れていて、眺めているとニコニコしてしまう作品ばかりなのです。
9月になって「エンジェルメッセージアート」のオーダー受付を再開したことを知り、これはぜひアレックスを描いていただこう!と閃いてしまったのです。

テーマは考えた末に、「アレックスがお空で天使やお友達と幸福に過ごしているイメージ」をお願いしました。
Marikoさんは私のサイトも見てくださって感激!なのです。

そして、完成した絵はこれです。→アレックス天使

いや~、楽しくやっているようで良かった良かった。
きっと、めちゃくちゃに走り回ったりしているんだろうねえ。
思いがけないことに、アレックスからのメッセージもMarikoさんは伝えてくれました。

この絵を描いていただいてから、私の思いが変化しました。
今までは、アレックスが死ぬ間際の様子が心から離れず、彼を思うときにどうしても「ごめんねごめんね」という気持ちになってしまったのです。
でも、絵を見ているうちに、アレックスに対する思いが「ありがとう」に変わっていきました。
アレックスは私たちと暮らしていたとき幸福だったし、お空に行ってからも幸福なんだ・・・と素直に納得できたのです。
Marikoさんの絵は、たくさんの天使のサポートを運んできてくれると言われます。
本当に、たくさんのサポートが降り注いだ感じでした。
アレックス、ありがとう。

そして、Marikoさんに出会えたことを感謝しています。
Marikoさん、本当にありがとうございました。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

November 06, 2006

Hado Tuning

恵比寿のSpaceSeedでHado Tuning(波動調整)を受けてきました。

今年の初めにセッションを受けているのですが、私の状況もずいぶん変化しているし・・・ここらでもう一度調整してもらおう!と、最近ずっと思っていたのでした。
よーくメニューを見ると、セッションの内容もずいぶん進化しているみたい。
当日の状態によってメニューを決めることにして、まずはSpaceSeedにお伺いしました。

基本データをざっと測定していただいて・・・それだけでも思わぬ自分像(というか)が明らかになりました。
各チャクラのキャパがでかい、さらに第6チャクラがひときわでかいらしいのです。
他のチャクラが中ジョッキなら、第6チャクラだけピッチャー、みたいな。
ただ、私の場合は方向性を見いだせていないので、まったく活用していないのですねえ。
う~ん、ムダだわ。
それから、第3チャクラが(アンバランスなくらい)小さくて元気がない、ということ。
このところ世間を渡るのが辛くて、毎日くよくよ考え込んでしまうので、気持ちがとても疲れているのです。
かわいそうな第3チャクラ、ゴメンね。
対応するクリスタルとしてはルチルクォーツ、ムーンストーン、シトリン、カルサイトなどイエローっぽい色を持つ石がサポートすると言われています。
私のルチルとムーンストーンのブレスはとても良いのだわね。

さて、本日はDataLinkを受けることにしました。
このセッションは、人生の設計図であるブループリントの状態をチェックし、必要があれば修正をしていきます。
また、ブループリント(人生の目標とか夢と例えても良いね)を現実化するためのルートはとても繊細なので、そこにも不具合があれば修正してしまおうというものです。
現在の状態をチェックしてみると、ブループリントは模様が書き加えられていたり線が消されていたり・・・まさに私が辿ってきた人生のようにゴチャゴチャだったみたい。
それをスパーンときれいに修正して、ルートも目詰まりをなくして現実に夢が届きやすくなったはずです。

これはラジオニクスを使うセッションで、私(クライアント)はラジオニクスに手を触れているだけなのです。
お茶を飲みながら雑談してオッケー。
波動の働きかけ方はとても微細で、意識をこらして見ると、ゆるーい川の流れに全身の細胞が浸されている感じかな。
修正した効果が浸透してくるのが、だいたい1~2ヶ月後かららしいので、楽しみにしています。
別に意識して今の時期にセッションを受けたわけではないけれど、いろいろ符合する状況もあって不思議でした。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« October 2006 | Main | December 2006 »