« 鳥焼澤村 | Main | 今月のOsho禅タロット »

October 02, 2006

オレステス

9月30日、シアターコクーンに「オレステス」を観に行きました。
蜷川幸雄演出です。
オーチャードホールには行ったことがあるものの、シアターコクーンは初体験。
あまりお芝居を観ることはないので、そこら辺もワクワク。
チケットは友人が取ってくれたのだけど、なんとなんと最前列!!!

ストーリーを平たく言えば、トロイ戦争その後、という感じです。
舞台はアルゴス。
ギリシャ方の総大将アガメムノンが妻クリュタイムネストラと間男に殺され、父アガメムノンの敵であるクリュタイムネストラをオレステスが殺害。
なんておそろしい母殺し・・・しかし、オレステスは父の敵を討ったのだよ・・・と、堂々巡りの問答が続きます。
オレステスは、アポロンの神託に従ってクリュタイムネストラを殺したのだけどね。
頼みの綱のメネラオス(トロイから連れ戻ったヘレナの夫)は役に立たず、オレステスとエレクトラはアルゴス人たちに死刑にされることになってしまいます。
えーい、こうなったらヘレナを殺して、ヘルミオネ(ヘレナの娘)を人質に取って、それでもダメなら館に火を放って道連れにしてやるぅ~!!!
と、さすがギリシャ悲劇!みんな死んじゃうのね!と思いこんでいたところ、あーら意外。
けっこうハッピーエンドでした。
2時間半休憩なしの公演でしたが、スピーディな展開で目が離せなかった。
ああ、面白かったなあ。

エレクトラ役の中島朋子は、最初っから最後まで泣き叫んでいた。
オレステス役の藤原竜也は、ほとんど裸で目を楽しませてくれました。
動きがハードなのでアザや傷が全身にあったし、足首は腫れ上がっていました。

四六時中、舞台に雨が降るのです。
最前列だと水しぶきがかかるので、ビニールシートとタオルが配給されます。
手を伸ばせばさわれるほど近くに俳優さんがたたずんだり、そういう意味でもとても興味深い経験をしました。
次の「ニナガワ」も観に行きたいぞ。

ホリプロ公式サイトはこちらへ

|

« 鳥焼澤村 | Main | 今月のOsho禅タロット »

Comments

裸に生傷かぁ・・・すごいね
彼そんなキャラでしたっけ?

Posted by: naomi | October 03, 2006 at 05:19 PM

うん、キャラ的には違うと思うんだけどね。
しかし、至近距離で見ると、彼は脱毛とかエステに行ってるぞ!

Posted by: emizo | October 03, 2006 at 10:00 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56568/12123004

Listed below are links to weblogs that reference オレステス:

« 鳥焼澤村 | Main | 今月のOsho禅タロット »