« 女神山報告 | Main | Hado Tuning »

October 31, 2006

サフラン

薬師ちゃんの前に植えたサフランが、見事に咲いています。
Saf1
球根って秋に植え付けて春咲くというイメージが強かったけれど、秋咲きのものもあるのですね。
夏の間は黙って過ごし、気温が下がってくるとおもむろに活動を開始します。
また、とても生命力が強くて、たとえば部屋の机の上に置いてあっても発芽して花を咲かせてしまいます。
当然ながら土に植えた方が丈夫だし、きれいな花を咲かせるように思いますが。

サフラン(学名Crocus sativus)
アジア~地中海沿岸を原産とするアヤメ科の多年草。
クロッカスの親戚でもありますね。
3本あるめしべを乾燥させたものは、スパイスとなりたいへん珍重されています。
スパイスとしてのサフランを1グラム集めるためには、300個もの花が必要なのだそうです。
サフランを使った料理というと、ブイヤベースやサフランライス、パエリヤが思い浮かびます。
また、生薬として番紅花(ばんこうか)と呼ばれ、鎮静・鎮痛などの作用があるそうです。
薬局でもサフランを売っているのですね!

Saf2せっかくだし、うちでもめしべを収穫して乾燥させています。
優しげな風情のお花たちに囲まれて、薬師ちゃんも満足げなのでした。

|

« 女神山報告 | Main | Hado Tuning »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56568/12505027

Listed below are links to weblogs that reference サフラン:

« 女神山報告 | Main | Hado Tuning »