« カメちゃん | Main | 夢 »

August 16, 2006

瞑想的数秘学

8月5日と6日、瞑想的数秘学のライブクラスに参加しました。
数ヶ月前からすっごーく楽しみにしていたのに、なんとなんと初日、財布を持たずに出かけてしまいました。
新宿の手前で気がつき、家に電話してカアチャンに駅まで財布を届けてもらいました・・・が、当然遅刻。
DASO(先生)に連絡したものの、焦る焦る。
私は慌てると、サルの要素が強く表面に出ます。
やみくもにバナナの皮をむいてしまったり、とにかく走り出したり・・しょっちゅういろいろな人に、「走らなくてもいい!」「慌てなくてもいい!」と言われたりもします。

そんなわけで、15分遅れで到着。
自分でも、目が泳いでいるのがわかります(焦っているのでね)。
会場の川崎国際交流センターのレセプションホール(約150名収容)に入ると、部屋の隅っこに数人のメンバーが座っていました。
会場の広さにもたまげました(だって、7人しかいないの)。

で、落ち着いてみたら、もう楽しくて楽しくて。
ふだんは通信教育なので、一人黙々とテキストを読み、課題ができたらメールで送る日々なのです。
同級生ははたしてどんな人か、さらにはDASOにも会ったことがなく、孤独をかみしめる毎日でした。
で、初めて会う仲間たちと、数秘や何やかやについて語り合える!!
すっごく刺激的でした。

声を出したり、踊ったりする瞑想を初めて体験しました。
今までは、ただ座って自分の中でイメージを組み立てる「静」の瞑想しかしたことがなかったのです。
「動」の瞑想は、自分を縛っているものをほぐして無邪気になれるようで、とても面白い。

ファミリー・コンステレーション(家族の座)というセラピーのテクニックを応用して、参加者それぞれの
表現数(社会と接していくあり方)
人格数(社会に対して見せている姿勢、ペルソナ)
ハート数(心の奥底にある、自分の本当の思い)
を見ていきましたが、皆それぞれ無意識に押し込めている思いや囚われがはっきりと現れ、これもまたとても興味深い体験でした。

改めて、数秘の奥深さの虜になり、もっといろいろ知りたいっ!と思ってしまった2日間。
自分の心や状況を違う視点から見つめ直すきっかけになり、私は人生を変える決断をしてしまいました。

数秘に出会えたこと、DASOやメンバーの皆様に感謝感謝です。


|

« カメちゃん | Main | 夢 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56568/11457811

Listed below are links to weblogs that reference 瞑想的数秘学:

« カメちゃん | Main | 夢 »