« キュウリの夏 | Main | 瞑想的数秘学 »

August 13, 2006

カメちゃん

Kame1
昨日の朝、友達がカメを見せてくれました。
散歩していて、道路に落ちている(?)のを拾ったそうです。
バケツの中に土をちょっと入れて、そこで過ごさせていたらしい。
食料として、犬用の柔らかいジャーキーも紐でつるしてあった。こまめだね。
で、どうしたもんかと途方に暮れたらしいのです。
ペットとして飼われていたのか、野良ガメなのか。
見たところ普通のクサガメなので、野良ガメがフラフラと散歩していた、というところなのかな。
Kame2
元気いっぱいで、バケツから出ようと頑張っています。
よーく顔を見ると、とってもかわいらしい。
ちらっと、私が引き取ろうかな・・・と思いましたが、どうやって家の中で共存してよいか思いつかずあきらめました。
結局、和田堀公園の池のほとりに放してやったらしいのです。
カメちゃんとしては大冒険の途中だったかも知れないけど、街中は危険がいっぱいだものね。
またいつか、会えるといいな。

|

« キュウリの夏 | Main | 瞑想的数秘学 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56568/11410646

Listed below are links to weblogs that reference カメちゃん:

« キュウリの夏 | Main | 瞑想的数秘学 »