« 『高座50周年記念公演』2005貞水夏舞台 | Main | アロマなこと »

July 28, 2005

地球交響曲第2番

龍村仁監督のドキュメンタリー映画「地球交響曲第2番」を観に行きました。
比較的地味めなこの映画、友達にぜひに!と進められたのです。
ダライ・ラマが取り上げられていることも、観に行く強い動機となりました。
この映画は自主上映という形で、各地で上映され続けています。

第2番で取り上げられた人々は

ジャック・マイヨール(1927年4月1日- 2001年12月23日)
1976年に素潜りで100メートルを超える記録を作り、彼の自伝はリュック・ベッソン製作の映画「グラン・ブルー」原作。
2001年、エルバ島自宅で自殺。

ダライ・ラマ(1935年6月6日-)
チベット第14代法王ダライ・ラマ。現在はインドのダラムサラに亡命政府を置いている。
1989年、ノーベル平和賞受賞。

佐藤初女(1921年-)
幼いころに聞いた教会の鐘の音によって神と出会い、敬虔なクリスチャンとして生きる。
自宅を開放し、心を病んだ人々を多数受け入れてきた。
佐藤さんを慕う人々の尽力によって、1992年に「森のイスキア」が岩木山麓に完成。

フランク・ドレイク(1930年-)
カリフォルニア生まれ。
銀河系に存在し人類とコンタクトする可能性のある地球外文明の数を推測する「ドレイク方程式」を考案した。
1960年にSETI計画(オズマ計画)を実施、それからずっとET探しを続けている。

以上の方々です。

とてもメッセージ性が高く、心に響いたり考えさせられる言葉がたくさんありました。
ジャック・マイヨールは、ある意味とても自由で「生きる」ことについて深く理解をしているような印象なのに、彼は自殺で生涯を閉じました。
ダライ・ラマとチベットが辿っている道は、私には想像もできないほど過酷です。
佐藤初女さんの料理・・・魅力的です。
これは、観てのお楽しみ、というところですね。
フランク・ドレイクの「地球外文明を探すのは、自分が何者か知りたいからだ」という言葉、ズシンと来ました。

地球交響曲は、第5番まで製作されています。
機会を見つけて、観に行こうと思います。

龍村仁監督のGAIA SYMPHONY

|

« 『高座50周年記念公演』2005貞水夏舞台 | Main | アロマなこと »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56568/5173460

Listed below are links to weblogs that reference 地球交響曲第2番:

« 『高座50周年記念公演』2005貞水夏舞台 | Main | アロマなこと »